WWW Watch

2015年5月の記事一覧

2015年5月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

Firefox 38 が正式リリース、レスポンシブ・イメージ、ruby 要素のサポートなど

FirefoxFirefox の最新版、Firefox 38 が正式リリースされ、自動更新も提供開始されました。Android 版も同時公開。自動更新が少し遅れて、38.0.1 として届いたので、リリース直後に少し問題があったみたいですね。

picture 要素がデフォルトで有効になり、srcset 属性が使えるようになったことで、所謂レスポンシブ・イメージ (Responsive images) の利用が可能になりました。また、ruby 要素、CSS Ruby への対応が行われ、ルビの使用が可能になっています。

Continue reading

ページ内リンクはスムーズスクロールしなくても一瞬点滅すればいいんじゃないかという実験

jQueryタイトルが (謎) な感じですが......

ページ内リンクでページ上部に移動させたりするとき、最近は所謂スムーズスクロールってやつを実装するのが当たり前になっていますよね。パッと瞬時に画面が切り替わってしまうと、ページ内で移動したことがわかりにくいので、スクロール処理を入れることでわかりやすくしてあげましょうって言う、親切心から採用されるケースが多いと思います。

実装方法は JavaScript と CSS アニメーションの組み合わせや、JavaScript (というか jQuery) でというのが多いと思いますが、今回はそのスムーズスクロールの実装方法はどれが良いのかとか、そもそもの是非 (好き嫌いとか?) についてはとりあえず置いておいて、画面が移動したのがわかるようにするなら、「スクロール」 以外でもできるんじゃないの? という実験です。

Continue reading

Firefox 37 が正式リリース、display: contents のサポートなど

Firefoxもうそろそろ Firefox 38 が自動更新で提供開始されそうなころですが、Firefox 37 がリリースされた時に書いた記事が下書きのまま放置状態で忘れてましたので、こんなタイミングですが公開しておきます。ですので、以下は1ヶ月以上前の話ですのでご了承ください。

Firefox の最新版、Firefox 37 が正式リリースされ、自動更新も提供開始されました。Android 版も同時公開。

Continue reading

Google の Web サイト高速化サービス 「PageSpeed Service」 が 8月3日で終了するらしい

PageSpeed Service気がつけば 1ヶ月も更新をサボってしまいました...... リハビリがてらに簡単な記事を書きます。

さて、Web サイト高速化のためのヒントをくれる PageSpeed Insights の方じゃなくて、CloudFlare のような (といっても Google の方が先発でしたが)、Web ページ最適化 (画像圧縮や CSS、JavaScript のインライン処理化など) + CDN サービスといえる Google の Web サイト高速化サービス 「PageSpeed Service」 の方が、サービスの終了を発表しました。

公式サイトのドキュメントに記述がありますが、8月 3日(米国時間) までに現在利用しているユーザーは、DNS の設定を変更してくださいとの案内がされています。

Continue reading

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー