VALU を公開してみました - 手探りで優待も登録してみた件

まるで株式のように個人が VA と呼ばれる疑似株式を発行し、活動資金を調達したり、VA のトレードを行ったりすることが可能な、ビットコインを用いたマイクロトレードサービス 「VALU」 のアカウントが公開されましたので紹介と同時に雑感を。

とっても今さら感がありますが、ものは試しとアカウントを取得していた 「Valu」 の審査がつい先日無事に完了したらしく、私の Valu が公開され、売買できるようになりましたので宣伝しておきたいと思います。

とはいっても Valu の仕組みや Valu を公開する側、および 「Valuer (バルアー)」 と呼ばれる Valu を購入する側それぞれのメリットやらリスクやらが完全に理解できていない状態なので、手探り状態で試してみているような感じではあるんですけども。

Valu - Yoshiki Kato

Valu について

Valu について今さら私が説明する必要もないと思いますが、公式サイトでは 「ビットコインを用いたマイクロトレードサービス」 と説明されています。

誰でも、会社の株式に見立てた 「VA」 と呼ばれる疑似株式的なもの (といっても株式とは性質が異なりますが) を発行することができ、さらにそれを株取引のように、他の人と売り買いすることができますと。ビットコインをはじめとした仮想通貨が一般化するにつれ、最近よく耳にするようになった「トークンエコノミー」を象徴するようなサービスですね。

イメージとしては個人の 「人気」 や 「知名度」 に投資する感じ。それによって得た VA を保有してもよいし、他の人に売却してもよい。株のように、保有する VA に応じた配当金など、金銭的な利益供与は受けられないので、Valuer (VA を購入する側) としては、

  • 投資対象者を純粋に応援するための所謂 「投げ銭」 として
  • 投資対象者が提供する 「優待 (といっても金銭の絡む優待設定は規約上禁止)」 を期待して
  • 保有する VA に希少価値が付けば購入時よりも高値で他の人に売却することで利益が得られる

あたりが VA 購入動機という感じになりそうです。特に 3番目は VA に希少価値が付けば、より高い値段で取り引きされることもあるということで、公式サイトでも 「トレーディングカード」 という表現が使われているように、「将来人気が出そうな個人を発掘する」 というゲーム的感覚も内包していそう。

ただし、「Valu の転売による利益獲得のみを目的とする」 取り引き (これを 「投資目的」 と公式サイトでは表現していますが) は禁止されていますのでそこを煽るような紹介の仕方は違うということですね。

ちなみに個人のスキルをちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚で売買したいなら 「ココナラ」 さんなどが有名ですし、実現したいアイデアや試作品を正式に製品化するための資金を集めたいということなら、クラウドファンディングサービスは日本でも数多く展開されています。

また、クリエイティブな活動に対する支援という面に特化したクラウドファンディングとしては 「Enty」 や 「Patreon」 のようなサービスが人気ですが、Valu は分類的にはこれらサービスに近いと言えます。

ただし、Enty にしても Patreon にしても、その他クラウドファンディングにしても、支援してもらった人が受け取るのは、基本的に日本円などの 「法定通貨」 ですし、お金を出してもらったら事前に約束した作品などをお金を出してくれた人達に提供する義務 (といっても多少の緩さはありますが) が生じます。

ところが Valu で受け取るのは仮想通貨 (ビットコイン) である点がまず特徴的。さらに 「リターン」 義務が基本的にはなく (優待はあるのですが任意)、その点では基本は投げ銭システム。ただ、ここに VA を他のユーザーとトレードできるという要素が加わっていることで 「将来希少価値がつくことを期待した投げ銭」 ができるところが今までとはちょっと違う面白い点でしょうか。

優待には 「○ VA 以上保有」 という条件を付けられますが、例えば、売り出し初期なら安く買えた VA が、人気が出て VA の価格が高騰した場合、優待条件まで VA を購入するには結構な金額が必要になる可能性もあります。そうすると安いうちにその人を発掘して優待を受けられる数の VA を保有していた人にとっては、優待を受けられること自体の価値が上がることになるわけですね。

とはいえ、やはり優待の中身が重要

いくら優待の提供は任意とはいっても、何の見返りのもないのに他人に投げ銭する意味というのもなかなか無いと思いますので、「優待」 は VA 購入を判断する重要なポイントになるとは思います。

で、この優待の内容については VA を発行する側の知名度や人気度によってかなり難易度が変わるかなというのは想像に難くありません。

超有名人の方なら 「Skype で 5分間お話できます」「Twitter で名前出してあげるよ」 みたいな、言葉は悪いですけど適当な優待でも買い手には困らないくらい人気出そうですし、一通り、有名な方の優待を見てみた限りそんな感じのが多かったのですが、それはその人とちょっとでも交流できるということが希少価値を持つごく一部の人達のみに許されたもの。例えば私のようなごく普通の人がこの手の優待を提供したところで VA を購入してもらうのはほぼ無理そう。

だからといって話題先行の現実的でない優待や、自分の身の丈に合わない優待を提供するわけにもいきませんから、悩んだ結果、プロボノ感覚で自分の得意な分野に関する優待を 3つほど試しに登録してみました。

興味あれば覗いてみてください。

「個人を上場」 っていうコンセプトからすると、もっと 「お前らから出資してもらった資金で俺はこういうことやってビックになってやるぜ! そん時俺の VA 持ってるといいことあるぜー だから出資してな」 という野望を全面に押し出すというか、将来性を押し売りする感じが想像されますけども、前述したとおり、公式にも「投資目的はだめ」と書かれていますので、「俺の VA、将来値上がりするから買ってよ」 は NG。あくまで、何かを実現したい人に対する応援、寄付みたいなサービスだと捉えて、VA の価格変動は副次的なものと考えるべきでしょう。

ただ、今のところ VA の売り出し方や優待の提供などについては上場する人のモラルに任せられている感じなので、参加者が増えてきた場合、VA を購入する側を守る仕組みが必要になるんじゃないかなと思ったりしました。あと大きい額が動く人の場合、得られたビットコインの評価額によっては贈与税の対象になったりしないんですかね......

優待登録時の注意点

余談なんですが、優待登録していて気になったところまとめておきます。

  • 優待の提供は完全に VA 発行主の責任において行われるものとなっていて、実際にその優待が提供されたかどうかのチェック機能はないんですね。Valuer は発行主を信用するしかないと。
  • 優待を提供するには何らかの方法で連絡をとらないといけないし、やりとりしている人が本当に Valuer さんなのかをチェックする必要があると思いますが、その辺の仕組みが提供されてないみたい (私が気がついていないだけかもしれませんけど) なので、どういう手順で優待を提供するか説明しにくい。
  • 一度登録した優待は修正したり削除したりできない (優待の提供を何らかの理由で中止したい場合はアクティビティで Valuer に告知しろとヘルプに書かれていますが) ので、誤字脱字はもちろん、「あ、この件を書き忘れた」 とかいう場合もリカバリーの方法がありません。まぁ勝手に優待の内容をコロコロ変えられたら困るというのはわかりますが、一発勝負なのでちと怖い。
  • 入力画面で事前に何も案内がないのに入力終わって保存しようとしたら 「1,000 文字以内にしろ」 とか警告出すのやめろク(以下自重

あと、はじめる前に利用規約や、公式のヘルプは読んでおいた方がいいと思いますよ。

VA 購入にはビットコインが必要

現状、8月1日に予想されている分裂騒動などで話題のビットコイン (bitcoin) ですが、VA を購入するには事前にビットコインを外部サービスで購入し、Valu に送金しておく必要があります。

ビットコインが購入可能なビットコイン取引所としては下記のようなサービスがあります。ちなみに私は coincheck にアカウントを持っていますが、本人確認などの手続きで、概ね 4営業日程度で全機能が使えるようになりました。

また、他の人が発行した VA の売買時にはそれぞれ 1%、自分が発行した VA の売却時に 10%、購入時に 1% の手数料がかかります。その辺はヘルプページに書かれていますので事前に読んでおくとよいと思いますよ。


ということで、このサービスをどう捉えるか、また、その人の属性や専門分野、あるいはオンライン上での知名度などによって Valu に対する評価や活用方法も変わってきそう。

今回は有名人でもないごく普通の人が Valu を公開してみた例として書いてみましたけど、個人的には今のところ効果的な活用方法が見出せていないというのが正直なところ。今後どうなるのかわかりませんが、もし実際に優待を提供する機会などが訪れましたらまた書くかもしれません。