Google の利用規約改定で、広告内に自分の名前や写真が出るようになる

Google が 2013年11月11日付けで発行予定の新しいサービス利用規約により、Google は自社の広告内でユーザーのプロフィール名や写真を利用することができるようになります。オプトアウトも可能。

GoogleGoogle がサービス利用規約を 2013年11月11日付けで改定するそうですが、その新しい利用規約の中で、Google が自社の広告内に、ユーザーのプロフィール名や写真を表示できるように変更が行われたとのこと。

すでに Google の検索結果などでは Google+ 上でフレンドになっている人が +1 しているページがあると、その旨がプロフィール名や写真と一緒に表示されていましたが、この利用範囲が広告にまで拡大されるという話。Google サービス上で、あるページや製品などにつけた +1 やレビューなどが、プロフィール名、写真と一緒に広告内で表示されるようになるみたいです。

公開範囲は 「コンテンツの共有先として指定したユーザーだけ」 とのことで、さらに設定によってこの機能を無効にすることもできます。

Posted by:

Amazon の決済機能を自分のサイトに導入できる 「Login and Pay with Amazon」

Amazon は現時点で米国限定ですが、「Login and Pay with Amazon」 という新しい決済サービスを提供開始しました。サードパーティのショッピングサイトに Amazon アカウントを使用した決済機能を導入可能になります。

Login and Pay with Amazon現時点では米国の住所、クレジットカードを対象にしたサービスで、日本の Amazon にアカウントを持っている人が使える状態ではありませんが、Amazon は 「Login and Pay with Amazon」 という新しい決済サービスを提供開始しました。

これは、PayPal 決済のように、Amazon 以外のショッピングサイトに Amazon アカウントへのログインと、Amazon に登録してある住所情報や決済情報を使用した支払い機能を導入できるもので、これに対応したショッピングサイトでは、ユーザーは個別にアカウントを作ったり、住所情報やクレジットカード情報を預ける必要なく、Amazon アカウントにログインして支払いを済ませることができます。

Posted by:

IE 全バージョンに存在する脆弱性に対するセキュリティアップデート

マイクロソフトは IE6 ~ IE11 で発見されたリモートコードが実行される脆弱性について、10月の定例アップデートにおいてセキュリティ更新プログラムを提供するとのこと。

Internet Explorerマイクロソフトは先月、Internet Explorer (IE) の全バージョン、IE6 ~ IE11 における、リモートコードが実行される脆弱性に関するセキュリティアドバイザリ(2887505) を発表しましたが、10月の定例アップデートで、この脆弱性に対する IE のセキュリティ更新プログラムが提供される旨、アナウンスがありました。

Posted by:

IE6 のシェアがついに 5% を切るも、全体では IE のシェアが上昇

2013年 9月時点でのワールドワイドなブラウザシェアにおいて、IE6 のシェアがついに 5% を下回ったものの、IE 全体では、57.79% のシェアを獲得し、今年に入って最高のシェアとなりました。

Internet ExplorerThe Next Web の記事ですが、2013年 9月時点でのワールドワイドなブラウザシェアにおいて、Internet Explorer 6 (IE6) のシェアがついに 5% を下回ったとのこと。

ただ、同時に IE 全体では、57.79% のシェアを獲得し、今年に入って最高のシェアとなる一方、Firefox、Chrome のシェアは微減。

また、IE8 は依然として最も人気のあるブラウザであり、IE10 は IE9 のシェアを奪いつつ微増も伸びは鈍化。IE9 と IE10 は IE11 によってリプレースされていくことが予想されますが、サポートが切れても稼働し続ける Windows XP 問題に関連して、IE8 のシェアが今後どうなるかが気になるところ。

Posted by:

Google が無料の Web コンテンツ作成ツール 「Google Web Designer」 を公開

Google が、HTML5 広告をはじめとした Web コンテンツをデザイン、作成するための無料ツール、「Google Web Designer」 を公開したので簡単に紹介してみます。

Google Web DesignerGoogle さんが、HTML5 広告をはじめとした Web コンテンツをデザイン、作成するための無料ツール、「Google Web Designer」 を公開しました。

Photoshop などのような、視覚インターフェースを使用して、広告などの Web コンテンツを作成し、HTML5、CSS3、JavaScript を書き出すことが可能です。コードエディタも搭載されているので、出力されたコードを直接編集して、より高度なコーディングを行うこともできるようになっています。

基本的にはインタラクティブな要素を持った 「広告」 の作成を簡単に行うためのツールで、AdMob や DoubleClick といった広告プラットフォームとの連携機能も搭載されています。

Posted by:

EU 圏で Apple の Lightning コネクタが使えなくなるかもという話題について調べてみた

欧州議会委員会に提出された、統一規格による携帯電話充電器を義務づける法律案について全会一致で支持されたことを巡り、日本では Apple の Lightning コネクタが EU 圏内で使えなくなるといった内容の記事が話題になっていましたが、本当にそういうことが起こるのか、調べてみました。

Lightning コネクタMacworld に掲載された、「Apple should be forced to conform to a standard charger, say EU politicians」 という記事が元ネタですが、今日、下記の記事が話題になっていました。

Macworld の記事が、欧州議会内、「Committee on the Internal Market and Consumer Protection (IMCO) 」 において全会一致で支持された、統一規格による携帯電話充電器を義務づける法律 (欧州議会のリリース) に関して、これが正式に決まると Apple は 30ピン Dock コネクタを採用した充電器を破棄しないといけなくなるかもね~ という記事なのに、なんで日本では Lightning コネクタ終わったみたいな話になってるのかな? ってのは気になりますが......

Posted by:

iPhone 4S から iPhone 5 への持ち込み機種変更 (ソフトバンク) やってみた

うっかり買ってしまった iPhone 5s のおかげで余った iPhone 5 を、iPhone 4S を使用中の家族に譲るにあたって、SIM カードの切り替えをソフトバンクショップでやってもらったので、その際の手続きや費用を簡単にまとめてみました。

iPhoneもともと iPhone 5 を使っていた身としては、今回新しく発表された iPhone 5s / 5c にはそれ程積極的に買い替える意思は持っていなかったんですけどね......

なんか iPhone 5s の予約開始日にふらっとソフトバンクのオンライン予約受付に行って iPhone 5s / スペースグレイ (フロントパネルは黒じゃないと嫌だったんで最初から買うならこれ一択でした) を予約しちゃったら、スペースグレイは在庫が比較的潤沢だったってことで、数日後には本申し込みの案内が来てしまい、気がついたら手元に iPhone 5s が。

Posted by:

CSS filter プロパティで 「半透明ガラス」 効果を再現してみる

iOS 7 で採用された半透明ガラスを重ねたようなレイヤー効果を、CSS filter プロパティを使って再現できないか簡単に試してみたので紹介。デモページで実際の動作を確認できます。

2つ前の記事、「Chrome Canary が dialog 要素に対応、ダイアログボックスの表示が簡単に」 で、::backdrop 疑似要素に色々スタイル当てて遊んでたとき、::backdrop 疑似要素に対しては半透明の白いレイヤーになるようにスタイル当てて、その上で、CSS filter プロパティを使って画面全体をぼやかしたら、iOS 7 (Windows Aero ...) とかで使われてる、所謂 「半透明ガラス」 っぽい効果が出せるんじゃね? と思ってやってみました。

Posted by:

SkyDrive が新たに 200GB プランを提供開始、年額 100ドル

新型 Surface の発表時に特典として伝えられていた SkyDrive の 200GB プランですが、一般にも提供開始されました。200GB の追加容量が、年間 100ドル (日本円だと 8,000円) で利用できます。

SkyDriveMicrosoft が提供するオンラインストレージサービス 「SkyDrive」 では無料で 7GB まで (旧来からのユーザーは 25GB) 利用することが可能で、それ以上のディスク容量が必要な場合は、有料で追加容量を購入することが可能ですが、今日、新たに 200GB の追加容量が有料プランに加わりました。

年間 100ドル (日本円だと 8,000円) で利用可能です。

Posted by:

Chrome Canary が dialog 要素に対応、ダイアログボックスの表示が簡単に

Chrome の Canary build が、HTML 5.1 で策定中の dialog 要素に対応したとのことで、HTML5Rocks でデモページが公開されています。その紹介と、dialog 要素についての簡単な解説。

Google ChromeHTML5Rocks の記事経由ですが、Chrome の Canary build が、HTML 5.1 で策定中の dialog 要素に対応したとのこと。

現状では、chrome://flags から enable-experimental-web-platform-features を有効にする必要がありますが、これによってダイアログボックス (モーダルウィンドウ) の表示を HTML と簡単な JavaScript API で行えます。また、::backdrop 疑似要素を使用することで、ダイアログボックス表示時の、画面背景を暗くするあれも CSS だけで簡単に実装可能です。

Posted by: