iOS 7 で Safari のパスワードが丸見え以前にパスワードロックしよう

iOS 7 の Safari では、保存したパスワードを確認する機能が付いたため、それに対するセキュリティの懸念が上がっていますが、それよりも根本的な対策として、端末に対するパスワードロックを必ず行いましょう。

iPhoneiOS 7 でアップデートされた Safari では、ブラウザに保存された (自動入力用の) ログイン情報やクレジットカード情報が、設定画面から確認できるようになったんですね。

今までは保存されたログイン情報を、iOS 上で確認したりすることはできなかったので、機能的には PC 版のブラウザに近づいたと言えます。

ところで、本件について下記のような記事が話題になっていました。

セキュリティに対する懸念と、パスワードロックしましょうっていう対策についてはその通りなので特に言及しませんが、この記事に対する反応として、「Safari 危険」 とか、「Safari パスワードが見られるとかありえねぇ」 みたいなのを見かけましたので、これは以前、Chrome で話題になった件と似てるなということで、簡単に書いてみます。

Posted by:

iCloud Control Panel 3.0 にしたら Firefox や Chrome から iOS デバイスにブックマークが同期できるようになった

iCloud Control Panel 3.0 for Windows が、Firefox や Chrome とのブックマーク同期に対応したので早速使ってみました。拡張機能をインストールする必要がありますが、普段使っているメインブラウザと iPhone などのブックマークを同期できます。

昨日、iOS 7 にアップデートする関係で iTunes のバージョンアップをしたんですけどね、その時にあわせて iCloud Control Panel のアップデートもきて、最新版の 「iCloud Control Panel 3.0 for Windows」 にアップデートしました。

そしたら、ブックマークの同期のところで、今までは Safari か IE だけだったのが、Firefox や Chrome が選択出来るようになって (逆に Safari 消えた。Apple の中でも Windows 版 Safari は完全に終わったってことですかね) たので、早速使ってみました。

Posted by:

iOS 7 にアップデートしたので新旧比較スクリーンショット上げまくってみる

iOS 7 が一般公開されましたので、早速手持ちの iPhone 5 などをアップデートしてみました。アップデート前と後の比較スクリーンショット画面を中心に、簡単に新しい iOS 7 を紹介してみます。

iOS 7リリースされましたね。で、まぁせっかくなので私も手持ちの iPhone 5 と iPad (iPad 3) を iOS 7 にアップデートしてみました。

iOS 7 に関するレビューやらは他のサイトでも色々公開されていると思いますが、旧 iOS (iOS 6.1.4) との差がわかりやすいようにアップデートのビフォー / アフターをスクリーンショットでできる限り掲載してみようと思います。

iOS 7 に関しては下記のリンクなどが参考になるかもしれません。

Posted by:

IE6~11 に未解決の脆弱性。セキュリティパッチは後日、Fix it は公開済み

マイクロソフトが発表したセキュリティアドバイザリ(2887505)によると、IE6 ~ IE11 にリモートコードが実行される脆弱性が発見されたとのこと。

Internet Explorerマイクロソフトが発表したセキュリティアドバイザリ(2887505) によると、Internet Explorer (IE) の全バージョン、IE6 ~ IE11 にリモートコードが実行される脆弱性が発見されたとのこと。

すでに、IE8、IE9 を対象にした標的型攻撃も確認されているとのことで、当面の対策として Fix it はすでに公開済みですので、取り急ぎそちらを利用するか、IE を窓から投げ捨てるか、対策が必要になります。

Posted by:

Firefox 24 が正式リリース HTML5 track 要素への対応など

Firefox 24 が正式にリリースされ、HTML5 関連では、フラグ設定の必要がありますが track 要素に対応。同時に Android 版もリリースされ、いくつかの機能が追加されました。

FirefoxFirefox の最新版、Firefox 24 が正式リリースされ、自動更新も提供開始されました。

media.webvtt.enabledtrue にする必要はありますが、HTML5 で策定中の新要素、track 要素に対応したほか、同時にリリースされた Android 版では、デスクトップ版では Firefox 22 でデフォルト有効になっていた、WebRTC をサポートしました。

Posted by:

Firefox Nightly が position: sticky; に対応

Firefox Nightly で position: sticky; がサポートされたので紹介。指定することで特定の要素を相対位置に固定表示することが可能です。

Firefox Nightlyちょっと前の話になってしまいますが、現在、Firefox Nightly としてリリースされている、Firefox 26 で、CSS の position プロパティに対する新しい値、position: sticky; がサポートされました。

今のところ、Firefox Nightly でもデフォルトでは無効になっていますが、layout.css.sticky.enabledtrue にすることで試すことができます。

Posted by:

main 要素を使用するサイトが 2ヶ月半で 300% 増加したらしい

main 要素の生みの親である、Steve Faulkner 氏が Twitter に投稿していたツイートによると、「上位 10万 Web サイトを対象に調査した結果、2ヶ月半で、main 要素を使用するサイトの数が 300% 増加した」 とのこと。

HTML5HTML5 で策定中の main 要素について、この要素の生みの親である、Steve Faulkner 氏が Twitter に投稿していたツイートによると、「上位 10万 Web サイトを対象に調査した結果、(直近?) 2ヶ月半で、main 要素を使用するサイトの数が 300% 増加した」 とのこと。

「300% 増加」 っていうと、使用している Web サイトの数が 2ヶ月半前の 4倍になったってことになりますが、ツイートだけで細かいデータが開示されているわけじゃないので、「あぁそうですか。main 要素を使う人増えてるんですね」 くらいしか言えませんけども。main 要素の仕様を書いてる方のツイートだってことも含めて参考まで。

Posted by:

5分でわかる Snaptee の使い方。Tシャツデザインの作成から購入方法まで

5分でわかるシリーズ、Snaptee 編。Snaptee を使った Tシャツデザインの作り方から、実際にそれを購入する方法までを初めての人でもわかるように解説してみます。

SnapteeSnaptee は、iPhone 向けに公開されている Tシャツデザインアプリで、iPhone 上で Tシャツデザインを簡単に作れて、世界中に向けて販売もできるサービス。

その Snaptee を少し前から使ってるんで、ここらで毎度恒例の、5分でわかるシリーズ、Snaptee 編を書いてみたいと思います。Snaptee を使った Tシャツデザインの作り方から、実際にそれを購入する方法まで。また、最後に、本家の FAQ から一部を翻訳して紹介しています。

Posted by:

Facebook のウォール投稿を外部サイトに埋め込む機能が使えるようになってた

Facebook がユーザー限定で提供開始していたウォールの投稿を外部サイトに埋め込む機能が一般に公開されたようです。埋め込んだ投稿に直接いいねしたり、シェアしたりすることもできます。

Facebook先日、Facebook がウォールの投稿を外部サイトに埋め込む機能を、一部の大手メディアに限定して提供開始したっていうニュースがあったんですけども、どうやら一般に公開され、誰でも使えるようになったみたいですね。

Facebook で一般公開としてウォールに投稿された内容を、外部 Web サイトなどに埋め込むことが可能で、さらに、埋め込んだ投稿対して直接いいねしたり、シェアしたりすることもできます。Twitter の投稿を埋め込むのと同じような感じで利用できます。

Posted by:

WebKit (Nightly Builds) で srcset 属性がサポートされたらしい

WebKit (Nightly Builds) で HTML の srcset 属性がサポートされたようですので、簡単に srcset 属性の仕様について解説してみます。

SafariWebKit (Nightly Builds) で HTML の srcset 属性がサポートされたようです。

srcset 属性は、img 要素の属性として使用することで、高精細ディスプレイ (デバイスピクセル比に応じて) 向けや、ディスプレイサイズに応じて画像を出し分けるための属性。所謂、「Responsive images (レスポンシブ イメージ)」 を HTML のみで実現することができます。

Posted by: