Web Development Category Archive

Web Development カテゴリの記事一覧。(7 / 39 ページ)

Firefox 23 が Content Security Policy 1.0 仕様に対応

FirefoxMozilla Hacks で、現在 Aurora チャンネルの、Firefox 23 が、Content Security Policy (CSP) 1.0 の仕様に対応した件、紹介されていました。

Content Security Policy (CSP) 1.0 は、あらかじめその Web ページで読み込まれることが想定されている JavaScript などのコンテンツを、ホワイトリストとして指定することによって、攻撃者によって挿入される悪意のあるスクリプトの読み込みを遮断し、クロスサイトスクリプティング (XSS) など、インジェクション攻撃から Web サイト や Web アプリケーションを保護するための仕組み。現在、W3C で策定が進められ、勧告候補の段階になっています。

Posted by:

レンダリングエンジンに Blink を採用した Opera Next 15 がリリース

Operaデスクトップ版 Opera ブラウザの評価版として、最新版となる、Opera Next 15 がリリースされました。

Opera Next は評価版ですので、一般向けの正式なリリース版ではありませんが、レンダリングエンジンが Blink に変更された最初のリリースになります。

ちなみに、現状の正式リリース版の最新バージョンである、Opera 12.15 のレンダリングエンジンは、従来の Presto、先日リリースされたばかりの、Opera 14 for Android はレンダリングエンジンが Chromium 26 ベースの Webkit になっています。

Posted by:

それは robots.txt の問題じゃなくて...

なんか robots.txt がホットなキーワードになっていたので今さら知ったのですが、通信機器レンタルサービスの会社さんがクレジットカード情報をど派手に流出させたた件で、サイトに設置されていた robots.txt が色々と残念な件について話題になっていました。

Posted by:

Google サイト運営者向けツールバーがアップデートして UI が刷新

GoogleGoogle が AdSense 利用者向けに提供している Google Chrome の拡張機能、「Google サイト運営者向けツールバー」 がアップデートされ、いくつかの細かい機能追加、UI の刷新が行われました。

Google サイト運営者向けツールバーは、インストールすることで 「アカウントの概要のポップアップ表示」 などが利用可能になりますが、これはブラウザのツールバーから、ワンクリックで自分の AdSense アカウントの収益レポートを確認することができたりと、とても便利です。

Posted by:

jQuery 1.10.0 / 2.0.1 が同時リリース

jQuery先週ですが、 jQuery 1.10.0、および 2.0.1 が同時にリリースされました。jQuery 1.x 系と、2.x 系は、お互いに機能的には完全に互換性を保ちつつも、2.x 系は IE8 以前のサポートは捨てて、より高速に、安定して動作させることを目指したバージョンとして、一方の 1.x 系は IE8 以前をサポートするレガシーブラウザ向けのバージョンとなります。

この 2バージョンを並行して開発していく形は、jQuery 2.0 が正式リリースされた際に、今後はこういう形でいくよと予告されていたものですが、今回がその最初のリリースとなります。

Posted by:

Chrome Beta for Android 28 が Fullscreen API に対応

Chrome BetaChrome Beta for Android がバージョンアップして ver.28 (28.0.1500.21) になりましたが、Fullscreen API に対応したそうです。

Fullscreen API は Web ページ内の任意の要素をフルスクリーン表示可能にする仕組みで、現在 W3C でも標準化が進んでいます。この Blog でも、2年くらい前ですが Fullscreen API に関して書いていますので、その時に作ったデモページで実際に試してみました。

Posted by:

CSS だけで作るタブ切替ユーザインタフェース (float 使用版)

CSS1つ前のエントリーで、:target 疑似クラスを利用した CSS だけで作るタブ切替 UI を実装してみるテストしてみました。詳しいことは下記のエントリーをご覧ください。

先のエントリーで作ったサンプルは、position: absolute; を使って、各タブの内容を重ねちゃった上で表示を切り替えるっていう方法を使ったのですが今回は、float プロパティを使ったサンプルを紹介してみます。

Posted by:

CSS だけで作るタブ切替ユーザインタフェース

CSSタブ切替の UI は、よく使われますが、JavaScript で実装するケースが多いので、今回は全部 CSS のみで実装してみるテスト。目新しいことをやっているわけではありませんので、すでにやられている方もいるかもしれませんが気にせずいきます。

使うのは :target 疑似クラスで、IE9 以降は対応していますので、比較的動作環境も広いし、フラグメント識別子つきのリンク (要するに #hoge がついたリンクです) で、各タブを直接指定したリンクが簡単に張れるので、JavaScript でやるより楽に使い勝手のよいタブ切替が実装できる場合もあります。

Posted by:

Firefox 22 で WebRTC がデフォルト有効に

Firefox現在、Beta Channel の Firefox 22 (2013年 6月 25日正式リリース予定) で、WebRTC (Web Real-Time Communication) がデフォルトで有効になったそうです。

WebRTC は、Web 上でリアルタイムコミュニケーション機能を実現する標準仕様で、現在 W3C で策定中。

WebRTC 1.0 仕様に含まれる PeerConnection や、Media Capture and Streams (GetUserMedia) などの JavaScript API と、HTML5 video / audio 要素などを組み合わせてブラウザ間の音声、ビデオ通話やファイル共有、その他、リアルタイムな双方向通信を利用したアプリケーションの開発が行えます。

特に、P2P による複数端末間の相互接続が可能になる点が、WebRTC の特徴です。

Posted by:

Firefox 22 で予定されていたサードパーティ Cookie のデフォルトブロックは延期

Firefoxつい先日、5月 14日にFirefox 21 が正式にリリースされましたが、これと同時に Beta Channel に移行した、次バージョン、Firefox 22 (正式リリースは 2013年 6月 25日予定) で加えられる予定の大きな変更に、「サードパーティ Cookie のデフォルトブロック」 がありました。

しかし、この変更に対する影響が大きいことから、もう少しデータを収集し、解析するため、この変更が延期されたとのこと。

Posted by: