WWW Watch

USB モバイル電源 「ポケパワー」 レビュー

AMN の関係で、Panasonic さんから発売されている USBモバイル電源 「ポケパワー」 をモニターさせていただけることになりましたので、約1ヵ月間使っ...

USBモバイル電源 「ポケパワー」AMN の関係で、Panasonic さんから発売されている USBモバイル電源 「ポケパワー」 をモニターさせていただけることになりましたので、約1ヵ月間使ってみた感想などあげてみたいと思います。

ちなみに、ポケパワーは対応する携帯電話キャリアに合わせて 2種類発売されています。今回、私が使わせていただいたのは、FOMA、ソフトバンク 3G 対応の 「BQ-600K/F」 というタイプ。au CDMA 1X / 1X WIN をお使いの場合は、「BQ-600K/A」 というタイプがありますのでそちらを。付属する充電用コードが違うだけですが、購入時は気をつけたほうがいいですよ。

ちょうど最近、使っている携帯電話の電池がヘタってきたのか残量がなくなるのが早くなってきていたのでこの手の携帯充電器を探していたのですが、ちょうどいいタイミングでした。感謝。

今回のポケパワーの良いところは、使用する電池が使い捨ての乾電池ではなく、充電式のニッケル水素電池ということ。しかも、本体を付属の充電機に差すだけで充電ができるため、別途充電器を用意したりする必要もなく便利。

さらに、通常の携帯電話向け携帯充電器は、コードやコネクターが一体式で携帯電話にしか使えないものが多いと思うのですが、ポケパワーは、本体側のコード差し込み口が USB なので、接続コードを変えれば携帯電話以外にも使えてしまうというなかなかの優れもの。携帯電話以外にも出先で電池が切れる可能性があるモバイル機器はいくつかあると思いますが、それらの非常用電源としても使えるわけです。 (参考 : ポケパワー適合機種一覧

では、箱を開けてみます。

ポケパワーパッケージ

本体とニッケル水素電池が 2本。充電器とコード類が入っています。このパッケージの裏側に充電器の電源コードが張り付けてありますので、勢いあまって捨ててしまわないようにしましょう。下がその充電器の電源コード。

ポケパワー充電器コード

本体に電池をセットします。

ポケパワー本体

充電器は本体を差し込む場所が閉じるようになっていますので、充電する際はそこを開けます。

ポケパワーと充電器

ポケパワー本体を充電器に差して、電源コードをつなげば充電開始。充電中は本体差し込み口横のダイオードが緑色に点滅します。点滅から点灯に変わったら充電完了。充電には 4時間程度かかります。急ぎの場合は別途ニッケル水素電池用の急速充電器などを使用するのがいいと思います。

ポケパワー充電時の様子

充電するときはこんな感じで、付属のコードをつなぐだけ。簡単です。

ポケパワーを携帯電話に接続

USB で接続できるコードがあれば、携帯電話以外にも充電できちゃいます。例えば iPod とか。

ポケパワーをiPodに接続

もちろん、iPod shuffle でも大丈夫。

ポケパワーをiPod shuffle

写真では iPod shuffle との接続には別で買った接続コードを使用しています。ちなみにこれは 「ダイヤテック iPod shuffle 2nd専用 シンク & チャージャーケーブル」 です。私の iPod shuffle は保護カバーを付けていて、Dock が使用できないので普段からこれを使っています。

iPod shuffle用充電コード

もちろん、 iPod shuffle 付属の Dock を使用することもできます。

ポケパワーとiPod shuffle付属Dock

携帯充電器としての使い勝手はなかなかのもの。本体サイズも名刺サイズを細くした程度で厚さが電池分くらいなのでかさばりません。重さも電池 2本分強の約 90g と軽量です。

電池も付属の充電池の他に、通常のアルカリ乾電池などが使えるので、充電池が切れてしまった場合にも安心。ただし、説明書によるとマンガン乾電池は使用できないとのことです。

さて、このポケパワー、使い勝手の良い携帯充電器を探している方にはオススメできる商品ですが、気になるところも何点か。

まず、本体にある USB の接続口ですが、ちょっと場所が悪い。ここに USB を差すと、当然ですが本体の横にコードが出ることになって、コードを差したままでの収納性がよろしくありません。構造的に難しいとは思いますが、本体上部などに、できれば USB コネクター部分が出っ張らないような形 (つまりコネクター部分が本体に埋まるような形) で接続できたらいいなぁと思います。

それから、充電済みのポケパワーをしばらく鞄に入れっぱなしにしておいたのですが、1週間くらいで自然放電してしまうようです。久しぶりに使おうかなと思って携帯に差したら無反応...... はて?と思って見てみたらどうやらポケパワーの電池が空っぽというオチでした。自然放電は仕方ないと思いますが、頻繁に使用しない方は気をつけたほうが良いかもしれません。

とはいえ、携帯電話をはじめモバイル機器をいくつか使用している場合でも、ポケパワーならそれらすべてに 1台で対応できるというのはかなり便利。しかも充電池が使えてエコっていうのも高ポイント。

コンビニなどで売っている携帯電話専用の携帯充電器に比べると値段はちょっと高めですが、充電池使用で、その充電器までセットになっていると思えばむしろ安いくらい。携帯充電器の使用頻度が高い人なら買って損はないと思います。

2009年1月6日 追記
この記事で紹介している型番 : BQ-600 のポケパワーが異常発熱によりリコール対象となっています。詳しくは下記をご確認ください。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー