WWW Watch

Google Sitemaps

Google が先週公開した 「Google Sitemaps」 のベータ版、サイト管理者が、自サイトのサイトマップ (ページ一覧) を Google に登録す...

Google が先週公開した 「Google Sitemaps」 のベータ版、サイト管理者が、自サイトのサイトマップ (ページ一覧) を Google に登録することが出来るサービス。Google のクローラーによるページの取りこぼしを最小限に抑えることができるっぽいのでページ数の多いサイトを運営する人にとってはなかなか面白いサービスかもしれません。

Gmail アカウントでログインするとページ URI を登録することが出来ますが、便利なことに、Google Sitemaps 用の XML ファイルを使えば簡単に自サイトのページ URI を一括登録できます。MT などを利用しているサイトならテンプレートを 1つ追加してやるだけで OK です。

テンプレートの作り方は色々だと思いますが、このサイトの場合、トップページ、カテゴリーと月別アーカイブに個別のエントリーアーカイブ、アーカイブ一覧のページに RSS フィードのすべてをサイトマップに入れ込みたかったので、テンプレートのソースは下記のように。

<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
<priority>0.9</priority>
</url>
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$>archives.shtml</loc>
<priority>0.7</priority>
</url>
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$>index.rdf</loc>
<priority>0.7</priority>
</url>
<MTArchiveList archive_type="Monthly">
<url>
<loc><$MTArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
</url>
</MTArchiveList>
<MTCategories>
<url>
<loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
</url>
</MTCategories>
<MTArchiveList>
<url>
<loc><$MTArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
</url>
</MTArchiveList>
</urlset>

上記ソースをインデックステンプレートとして追加、出力ファイル名は、「sitemap.xml」 で。使用可能な文字エンコードは UTF-8 のみなので注意。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー