WWW Watch

Skype はブレイクするか

Skype が登場して以来、日本でもユーザー数は確実に増え続け、また、高い評価を受けているわけですが、あくまでそれはインターネットヘビーユーザー、先進的な技術に...

Skype が登場して以来、日本でもユーザー数は確実に増え続け、また、高い評価を受けているわけですが、あくまでそれはインターネットヘビーユーザー、先進的な技術に関心の高いユーザー間での話であって、一般の、いわゆるエンドユーザーにとっては Skype と言われたところでイマイチ、ピンとこないのではないでしょうか。

ところが、今回、Skype が一般に広がる可能性を感じさせる提携の話が発表されました。

フュージョン・コミュニケーションズは6月6日、ルクセンブルグのSkype Technologiesとゲートウェイ装置の共同開発で合意したことを明らかにした。フュージョンは今秋にもSkypeの技術を利用した通話サービスを始める計画だ。

Skype の日本での展開と言えば、ライブドアとの提携などが大きな動きとして挙げられますが、今回のように通信大手企業との提携は、法人ユーザーを中心に Skype が本当の意味でブレイクするきっかけになるかもしれません。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー