WWW Watch

Firefox 1.5 RC2 リリース

Firefox 1.5 の正式リリース前、開発者向けバージョン、「Firefox 1.5 Release Candidate 2」 (日本語) がリリースされて...

Firefox 1.5 Release Candidate 2Firefox 1.5 の正式リリース前、開発者向けバージョン、「Firefox 1.5 Release Candidate 2」 (日本語) がリリースされて日本語版もダウンロード可能になっています。

「Release Candidate」 はそのまま、リリース候補ですよってことで、2ということはその 2つ目。RC1 は今年 10月にリリースされてます。RC1 で報告された問題点を改善してリリースされたのが今回の RC2、これで問題なければ、予定通り、今年末には Firefox 1.5 としてメージャーリリースされることになるでしょう。当然、正式版ではないので、興味のある人以外は正式版を待った方がいいです。

Firefox 1.5 での変更点としては、

  1. 製品のアップグレードを簡素化する自動更新システム
  2. ページ遷移の高速化
  3. ドラッグ&ドロップによるタブの並べ替え
  4. ポップアップブロック機能の改良
  5. 個人情報を簡単に消去できる機能
  6. 検索エンジンリストに Answers.com を追加
  7. 分かりやすいエラーページ、オプションウィンドウの再設計、RSS フィードの自動検出
  8. アクセシビリティの向上
  9. 正しく表示されない Web サイトを報告できるウィザード
  10. Mac OS X サポートの強化

が挙げられています。(Mozilla Firefox 1.5 リリースノートより)

Firefox 1.5 での変更点でも結構うれしいのがドラッグ&ドロップによるタブの並べ替え。これだけでかなり使いやすくなりました。

Firefox 1.5 ドラッグ&ドロップによるタブの並べ替え

また、小さいところですが、RSS を検出した際のライブブックマークへの追加アイコンの表示位置がステータスバーからアドレスバーに移動していますね。Opera などもそうですが、この方が直感的でいい感じです。

Firefox 1.5 RSSの自動検出

今回の RC2 に関しては、アップデートでインストール済みエクステンションとの互換性などの問題も出なかったし、Firefox 起動時の立ち上がりや新しいタブを立ち上げたときのページ読み込みに関して、かなり軽快になったように感じたので、これは正式リリースが楽しみです。

追記
すいません。ウソつきました。アップデートで 「Screen grab!」 が使えなくなってました。残念。ということで RC2 を使う場合はお気をつけて。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー