WWW Watch

Google の楽しみ方 55通り

今日、Official Google Blog で紹介されていた書籍、「55 Ways to Have Fun With Google」 。 Google を使...

55 Ways to Have Fun With Google今日、Official Google Blog で紹介されていた書籍、「55 Ways to Have Fun With Google」 。

Google を使った、55通りの楽しみ方を解説。Google を使った遊びや、「へぇ」 と言ってしまうような小ネタが満載のようです。洋書なんで日本で楽しめるかは別ですが。

You probably use Google everyday, but do you know... the Google Snake Game? Googledromes? Memecodes? Googlesport? The Google Calculator? Googlepark and Google Weddings? Google hacking, fighting and rhyming? In this book, you'll find Google-related games, oddities, cartoons, tips, stories and everything else that's fun. Reading it, you won't be the same searcher as before! No programming skills needed. (From the author of Google Blogoscoped.)

公式サイトに本書に掲載されている 55項目がすべて掲載されていますが、「The Google Snake Game」 とか面白そう。Google Blogoscoped でルールが解説されていますが、簡単に言えば、Google で順番に文章を検索していって、Search Results が小さい文章を作った人が勝ちって言うゲーム。

Let's take our sample, and see what we get:

Peter: "Feelings ..." (53,200,000 results in Google)
Mary: "Feelings are ..." (2,100,000 results)
Jake: "Feelings are nothing ..." (1,090 results)
Susan: "Feelings are nothing and ..." (19 results)
Peter: "Feelings are nothing and we ..." (0 results)

Susan gets 1 point, and Peter gets minus 1 points (or has to empty a glass).

まず1番手の Peter さんが 「Feelings」 と検索すると、53,200,000 件の Search Results がありましたと。それを受けて、次の Mary さんが文章を続けます。

「Feelings are」 の検索結果は 2,100,000 件。順番に続けていって、Susan さんが 「Feelings are nothing and」 まで書いた時の検索結果が 19 件。一順してきた Peter さんが 「Feelings are nothing and we」 と続けたら、検索結果が 0 件になってしまったので、Peter さんが負け。一番少ない Search Results を取った Susan さんがこのゲームの勝者ということに。

不正ができないように、順番を待っている人は前の人の検索結果に表示されたスニペットを見ちゃだめとか、細かいルールまで決まっているようです。

秋の夜長に Google でゲームはいかがですか?

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー