WWW Watch

IE 6/7/8 に脆弱性。セキュリティパッチは近日、Fix it は公開済み

新年早々というか、去年末にですが、Internet Explorer 8 以前 (IE 6/7/8) が対象になる脆弱性が発見され、それを利用した攻撃に関して Microsoft から発表がありました。

Internet Explorer新年あけましておめでとうございます。

さて、新年早々というか、去年末にですが、Internet Explorer 8 以前 (IE 6/7/8) が対象になる脆弱性が発見され、それを利用した攻撃に関して Microsoft から発表がありました。

The vulnerability is a remote code execution vulnerability that exists in the way that Internet Explorer accesses an object in memory that has been deleted or has not been properly allocated. The vulnerability may corrupt memory in a way that could allow an attacker to execute arbitrary code in the context of the current user within Internet Explorer. An attacker could host a specially crafted website that is designed to exploit this vulnerability through Internet Explorer and then convince a user to view the website.

Vulnerability in Internet Explorer Could Allow Remote Code Execution : Microsoft Security Advisory (2794220) から引用

JVN でも報告されていますが、

解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性により、攻撃コードを仕込まれた Web ページを閲覧したりすることで任意のコードを実行される可能性があります。

On completion of this investigation, Microsoft will take the appropriate action to protect our customers, which may include providing a solution through our monthly security update release process, or an out-of-cycle security update, depending on customer needs.

Vulnerability in Internet Explorer Could Allow Remote Code Execution : Microsoft Security Advisory (2794220) から引用

で、上記の通り、Microsoft は本件に関するセキュリティパッチを月例または臨時の修正パッチで提供するということで、IE 8 以前を使っている人は Windows Update をきちんと適用しましょう。適用できるまでは別のブラウザを使用した方がよいと思います。っていうか IE 8 以前なんて新年早々、窓から投げ捨て(ry

なお、Fix it はすでに公開済みですので、取り急ぎこちらを適用たい場合は下記から入手できます。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー