WWW Watch

Firefox 用 Facebook メッセンジャーを使ってみた

色々なソーシャルサービスを統合する 「Social API」 に対応した Firefox 用 Facebook メッセンジャーを使ってみたので紹介します。

Facebook メッセンジャーとっても今さらなんですけどね。

Firefox 17 から、色々なソーシャルサービスをブラウザに統合するための API、「Social API」 に対応していますが、その最初の取り組みとして、Facebook メッセンジャーがこの API に対応し、新たにタブを開いたり、Facebook のサイトに移動しなくても、その場でメッセンジャーでのやりとりができるようになっています。

で、それを、今日初めて有効にしてみたので、ちょっと紹介してみようかと思います。

Firefox 17 以降のバージョンであれば利用できますので、その状態で Firefox 用メッセンジャー のページに行き、「利用する」 ボタンを押せば、Facebook メッセンジャーが Firefox に統合されます。

Firefox 用メッセンジャーを利用する

すると、サイドメニューに、フレンドの一覧が。メッセージを送りたい人をクリックすれば、メッセージ作成画面が表示されます。

サイドメニューにフレンドの一覧

サイドバーが邪魔な場合は、上部の Facebook アイコンをクリックすると表示を切り替えられます。

サイドメニューを非表示に

その他、通知アイコンもあるので、何か通知があればここに表示されます。

通知アイコン

ということで、Facebook を普段から使い倒してて、友人や、仕事関係のメッセージとかもここで送ることが多いぜなんて人にとっては、とても便利かもしれません。

この、Social API による連携は、今後も対象サービスを拡充していくらしいので、対応サービスによってはわざわざページを開かなくてよい分、便利になるかもしれませんね。

参考リンク

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー