WWW Watch

Windows 7 のメインストリームサポートが終了、延長サポート期間へ

本日 (米国時間の 2015年 1月 13日) で、Windows 7 がメインストリームサポート期間を終了し、延長サポート期間に入りました。延長サポートの終了は 5年後の 2020年 1月 14日が予定されています。

数日前にも話題になっていましたが、本日 (米国時間の 2015年 1月 13日) で、Windows 7 がメインストリームサポート期間を終了し、延長サポート期間に入りました。

延長サポートの終了は、2020年 1月 14日が予定されていますので、あと 5年は一応使えますというところですが、特に企業などでは、徐々に新しい環境への移行準備を始めないといけない感じです。

発表されている、Windows 7 のプロダクトサポートライフサイクルは下記の通り。このうち、メインストリーム サポート終了日が本日来ましたよという話ですね。

製品名 Windows 7 ※1
ライフサイクル開始日 2009年10月22日
メインストリーム サポート終了日 2015年 1月13日
延長サポート終了日 2020年 1月14日
サービス パック サポート終了日 2013年 4月 9日

※1 実際には各エディションごとにプロダクトサポートライフサイクルは決まっていますので詳しくは Windows 7 に関するページ を確認のこと。

Windows Vista の延長サポートもあと 2年

ちなみに、XP の延長サポート終了 (2014年 4月 8日) はまだ記憶に新しいところですが、その 1つあとのバージョン、Windows Vista に関しても、延長サポート終了日が 2年後の 2017年 4月11日に迫っています。

こちらも移行を急ぐ必要がありますが、「NetMarketShare」 で見るとすでにシェアは 3% 未満にまで低下しているようですので、あまり問題はなさそうです。

製品名 Windows Vista ※2
ライフサイクル開始日 2007年 1月25日
メインストリーム サポート終了日 2012年 04月10日
延長サポート終了日 2017年 4月11日
サービス パック サポート終了日 2010年 4月13日

※2 実際には各エディションごとにプロダクトサポートライフサイクルは決まっていますので詳しくは Windows Vista に関するページ を確認のこと。

Windows 8.1 のメインストリームサポートは 2018年 4月まで

なお、現在最新バージョンの Windows である Windows 8.1 のプロダクトサポートライフサイクルは下記のようになっています。

製品名 Windows 8.1 ※3
ライフサイクル開始日 2013年11月13日
メインストリーム サポート終了日 2018年 1月 9日
延長サポート終了日 2023年 1月10日

※3 実際には各エディションごとにプロダクトサポートライフサイクルは決まっていますので詳しくは Windows 8 に関するページ を確認のこと。

昔から Windows は奇数バージョンが当たりみたいに言われますが (私は全バージョン使ってきていますけどあんまり気にしない方...)、Windows 8.1 のプロダクトサポートライフサイクルを考えると、今後、Windows 7 から乗り換えるなら、次にリリースされる Windows 10 (実際には Windows 9 なので奇数バージョン) を待つのがいいんでしょうね。

Windows 7 のシェアは約 56%

NetMarketShare で最新 (2014年 12月) の OS シェアを見てみると、Windows 7 が全体の約 56% を締めて 1位なんですね。次がサポートが切れたはずの Windows XP で約 18%。Windows 8 と 8.1 は合わせて約 14% ということで 3位。

Desktop Operating System Market Share - December, 2014

XP のサポートが切れたことで、移行は進んではいますが、タイミング的に Windows 7 への移行が多かったってことなんでしょうね。Windows 8 / 8.1 も徐々に増えてはいますが、まだ XP に少し負けるくらい。NetMarketShare のデータがすべてではありませんのでわかりませんが、現状はそんな感じ。

Windows 10 がリリースされた時にどう変わるかが気になります。

関連記事

この記事書いていたらちょっと気になるニュースが。Windows じゃなくて Android の話ですが、Google が、Android 4.3 (Jelly Bean) 以前のバージョンについて、WebView の脆弱性修正パッチの提供を打ち切った (のではないか) という件。

Android 4.3 ってのは、現行バージョンからすると 2世代前ですね。とはいえ、最新版の 5.0 (Lollipop) はまだほとんど普及しておらず、現時点で Jelly Bean のシェアが 46% もあるので影響がデカイですねっていう話になっています。(あくまで WebView のパッチの提供が終わったっぽいって話ではありますが)

プロダクトのサポートライフサイクルに関しては開発元が決定することですので、それに基づいてユーザーはプロダクトの選定や刷新を行う必要がありますが、Android の場合は Windows に比べてその辺がオープンになっていないので、急にこういうニュースが出るとちょっとびっくりしますね。

ま、とはいえプロプライエタリなソフトウェアである Windows と、オープンソースの Android を同列に並べてサポートライフサイクルを語るのは無茶かもしれませんけども。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー