WWW Watch

web creators 2008年1月号

本日発売の「web creators 2008年1月号」 の特別記事、「Web クリエイターはじめての独立入門」 に掲載されました。 この特別記事は、将来的に独...

web creators 2008年1月号本日発売の「web creators 2008年1月号」 の特別記事、「Web クリエイターはじめての独立入門」 に掲載されました。

この特別記事は、将来的に独立を目指す、あるいは検討中のクリエイター向けに、独立前の予備知識として知っておきたい内容などをまとめたものですが、その中の 「独立したWeb クリエイターへのインタビュー」 というページに協力させて頂きました。

このインタビュー記事では、様々なパターンで独立を経験した (又は継続中) 人に、それぞれの経験などをインタビュー形式で聞いたもので、私は、「独立してフリーで仕事をしたあと企業に就職した」 というレア (?) なケースのサンプルとしてお声がかかったようです。

インタビュー記事といっても、4分の1ページという限られたスペースですので、そんなに内容は濃くないですが、特集記事自体は結構お役立ちする内容だと思いますので、興味のある方はぜひ。

で、誌面を見ていない人にはさっぱりでしょうけど、ちょこっと補足です。

独立した後に就職っていうと出戻り?と思われるかもしれませんが、私の場合は独立前にこの業界で働いたことがなかったのでそういうことになったというわけです。

なので、「企業への就職を考えるようになったきっかけは?」 という質問に対して、「もっと大きい案件に携わりたいから」 と答えていることについて、現在、制作会社で働いている方にとっては 「?」 な感覚だと思いますが、私にとっては独立をやめてでも企業に入ることを選択する動機になりえたわけ。

それから、最後に独立を考えている人に向けてのアドバイスを求められて 「悩んでるくらいなら一度独立してみたらいんじゃないの」 なんて偉そうに答えてますが、これは私の性格上、悩んでる時間ってもったいねと思ってしまうたちなのと、この業界での独立って、例えば独立初期に大きな投資をしないといけないとか、そういうリスクが少ないっていうのが利点だと思っているのでこう答えました。

ただ、そのあとにも述べていますが、営業をどうするかっていうのはよく考えておいた方がいいと思います。独立にあたって技術力とか、デザイン力とかそういうところを気にする人は多いのですが、私の経験上では営業力が一番重要だと思います。ここでいう営業力っていうのは、新規開拓とかそういう時の営業力と合わせて、クライアントとのお付き合いの中でのコミュニケーション能力も含んでのことです。

とはいえ、私の独立経験と言ってもかなり昔のことですし、人にアドバイスできるほどでもないのですが、ちょっとでも参考になることがあればうれしいです。

私のより現在フリーで活躍されている他の方のインタビューのほうが参考になると思いますので、そっちの方をメインだと思って読んで頂けるといいんじゃないでしょうか。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー