WWW Watch

W3C が HTML5 仕様策定完了を発表

W3C が HTML5、Canvas 2D に関する仕様策定完了を発表いたしました。両仕様とも、勧告候補 (Candidate Recommendation) となり、実装、運用テストによる検証段階に入ります。

HTML5日本時間では昨日の深夜でしたが、W3C が HTML5 (および、Canvas 2D) に関する仕様策定完了を発表いたしました。両仕様とも、勧告候補 (Candidate Recommendation) となり、実装、運用テストによる検証段階に入ります。

また、同時に HTML 5.1HTML Canvas 2D Context, Level 2 の草稿も公開され、次バージョンの仕様策定がスタートします。この辺は以前から発表されていた予定こっちも参照) に則っています。

なお、勧告候補になっても、以前から続いている、例えば hgroup 要素どうすんの?的な議論は継続していますが、こういう個々の機能の話が全体の仕様策定を遅延させないように、仕様をモジュール化する、拡張仕様 (extension specification) という仕組みを導入。係争中の案件に関しては次フェーズに回して、勧告できるところからどんどんやっちゃうよ作戦が取られています。

この拡張仕様として、main 要素みたいな新しい要素も提案され、仕様策定が開始されたりしています。CSS では以前からモジュール化が行われていますが、仕様策定のスピードアップは臨まれている方向性なので、いいんじゃないでしょうか。切り出される単位が CSS と比べると小さすぎるっていう感じもするので、係争中の案件を先送りしてるだけ的な見方もできちゃうかもしれませんが…

とにかく、HTML5 に関しては、1つの重要な節目に到達したということで、あとはブラウザ等での実装が進むといいですね。

参考リンク

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー