Firefox 22 に使用フォントが確認できる Font Inspector が搭載

Firefox 22 では Web コンソールに新機能として、Web ページで指定されているシステムフォントや Web フォントを確認できる、「Font Inspector」 が搭載されます。

Firefox現在、Aurora (プレベータ版) がリリース済みの Firefox 22 ですが、Web コンソールに新機能として、Web ページで指定されているシステムフォントや Web フォントの一覧を確認したり、特定の要素に指定されているフォントを確認したりできる、「Font Inspector」 が搭載されています。

Font Inspector / Firefox 22

Font Inspector は 「Inspector」 の中に、Fonts というタブが追加されるのでそこから確認できます。

その他 Web コンソールの強化も

ついでに Web コンソールも色々と強化されていて、Web ページのパフォーマンス計測ツールが統合されたり、

Network / Firefox 22

デバッガも UI が変更されて使いやすくなっています。Firefox 21 以前は確認、編集したいリソースをプルダウンメニューから選択してっていう UI だったのですが、Firefox 22 からは、サイドの一覧をクリックすることで簡単にリソースを選択することができます。

Debugger / Firefox 22

data、time 要素や Arrow Function 構文への対応

それ以外では、先日のエントリーでも書いたとおり、サードパーティ Cookie のデフォルトブロックや、HTML5 で追加された、data 要素、time 要素に新たに対応しています。

また、JavaScript 関連では、ES6 (ECMAScript6) の Arrow Function 構文を実装しています。あまり専門ではないので適当なことは書けませんが、例えば、

function (x) {
 return x * x;
}

(x) => x * x

みたいに書けるようになるらしいよ。

なお、Firefox 22 の 正式リリースは、2013年 6月 25日の予定です。

参考リンク

関連エントリー