WWW Watch

Firefox 21 が正式リリース、main 要素などに対応

Firefox 21 が正式にリリースされ、HTML5 関連では、main 要素への対応、style 要素の scope 属性への対応などが行われました。

Firefox本日 (私の環境では 23時ごろ自動更新がきました)、Firefox 21 が正式にリリースされましたが、HTML5 関連では、main 要素への対応、style 要素の scope 属性への対応が行われました。また、JavaScript 関連では E4X が完全に削除され、使用不可になりました。

Firefox 21

細かい修正点は Firefox 21 for developers に書かれていますが、HTML / CSS 関連では、main 要素への対応、style 要素に対する scope 属性への対応などが行われています。

main 要素については、過去に下記の記事を書いていますのでご参考まで。

また、style 要素の scope 属性に関しては、同じく過去に下記の記事を書いています。

次バージョンとなる Firefox 22 に関しても下記の記事を書いていますが、

Firefox 22 では、

  • data、time 要素への対応
  • ES6 (ECMAScript6) の Arrow Function 構文への対応
  • input 要素の range (<input type="range">) の実装
  • CSS Flexbox layout の再有効化

など、面白そうな実装が多く追加されています。この辺について詳しくは後日書く予定。

なお、Firefox 21 の正式リリースに伴い、Firefox 22 が Beta Channel に、Firefox 23 が Aurora Channel に、Nightly が Firefox 24 へとそれぞれ移行しています。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー