WWW Watch

TweetDeck の UI が刷新、縦型メニューになって使いやすくなった

Web 版の Twitter 公式クライアントとして人気の TweetDeck がリニューアルされ、UI が新しくなりました。

TweetDeckTweetDeck は多くのユーザーに使われている Web 版 Twitter 公式クライアントで、私も個人的に AIR 版が公開された当時からずっと使っているのですが、リニューアルしたみたいですね。

今、ログインして気がついたのですが、公式 Blog の方でもアナウンスされていました。

TweetDeck の UI が刷新

In order to deliver a number of new and often requested features, we've updated TweetDeck's look and also improved its usability. It's a step forward in making TweetDeck feel fresh, as well as enabling some great new functionality.

Introducing a new look for TweetDeck : Twitter Blog から引用

自分の画面を出すと人様のアイコンとかツイートとかを見えないように画像処理するのが面倒なので、公式 Blog の方で使われている画像を引用させて頂きますが、下記のように、今まで上部にあったメニューがサイドに移動しました。

あとあれですね、デザインが流行りのフラット系になりましたね。

TweetDeck 新しい UI
画像は Twitter 公式 Blog より引用

新規投稿など、すべてこのメニューから行えます。

TweetDeck 新しい UI : メニューがサイドに移動 (上から新規投稿、検索、カラムごとの選択ボタンなどが並びます)
画像は Twitter 公式 Blog より引用

また、カラムを多く登録していた場合に、横スクロールするのがちょっと面倒だったんですが、縦に変更されたメニューから、移動したいカラムを選択するだけで移動できるようになりました。

また、このメニュー内でカラムの位置を上下に入れ替えると、実際のカラムの並び順も変わるので便利。

Expend ボタンを押すと、ナビゲーションが展開してラベルも出るので、デカイ画面で使っている人なら開きっぱなしでもいいかも。

TweetDeck 新しい UI : メニューがサイドに移動 (下部にはカラムの追加、ナビ表示、リスト表示、設定ボタンなど)
画像は Twitter 公式 Blog より引用

TweetDeck は複数のアカウントを管理していて、それぞれに対する Mention とかもきちんと確認したいなんていう企業の担当者さんとか、リスト (つい最近、リストが 1,000個まで作れるようになりましたね) をすげぇたくさん作ってるとか、Twitter 検索の結果を効率的にモニターしたいなんて人には向いてると思います。

参考リンク

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー