WWW Watch

iPhone 4S から iPhone 5 への持ち込み機種変更 (ソフトバンク) やってみた

うっかり買ってしまった iPhone 5s のおかげで余った iPhone 5 を、iPhone 4S を使用中の家族に譲るにあたって、SIM カードの切り替えをソフトバンクショップでやってもらったので、その際の手続きや費用を簡単にまとめてみました。

iPhoneもともと iPhone 5 を使っていた身としては、今回新しく発表された iPhone 5s / 5c にはそれ程積極的に買い替える意思は持っていなかったんですけどね......

なんか iPhone 5s の予約開始日にふらっとソフトバンクのオンライン予約受付に行って iPhone 5s / スペースグレイ (フロントパネルは黒じゃないと嫌だったんで最初から買うならこれ一択でした) を予約しちゃったら、スペースグレイは在庫が比較的潤沢だったってことで、数日後には本申し込みの案内が来てしまい、気がついたら手元に iPhone 5s が。

しかし話は逸れますけど、iPhone 5s の Touch ID (指紋認証)、すげーいいっすね。一回使ったらこれは戻れないかも (過去、VAIO type U で指紋認証自体は経験してるんですけど、その時は特になんとも思わなかったなぁ)。

iPhone 5 からの移行なので、速度的な差はそれ程大きく感じなかったですけど、アンテナ感度が上がった気がするのと、ケースも今まで使っていたのがそのまま使えるし、iPhone 5 で使ってた Element Case 社のケース はお気に入りで長く使ってるのでうれしい。

iPhone 5s

... 話を戻しましょう。

ということでなぜか買ってしまった iPhone 5s ですが、それはいいとして、それによって手元に余った iPhone 5 を我が家の奥様 (iPhone 4S 使用中) に譲ることにしました。iPhone 4S も結構古くなってたし、iOS 7 にアップデートしてから動きが遅い遅い言ってたってのもあるので。

実はこの iPhone 4S 自体も私が iPhone 5 を購入した時のお下がりで、その時は iPhone 4 からの移行 (私が毎回新機種買うせいで、奥さんの iPhone も本人の意思に関係なく刷新されていくっていう......) だったため、SIM カードを差し替えるだけで終わりだったんですが、今回のように iPhone 4S から iPhone 5 への移行に関しては、SIM カードのサイズも変わるし (Micro-SIM → Nano-SIM) で簡単にはいきません。

そこで調べてみたところ、ソフトバンクショップに持ち込めば、SIM カードの変更をしてもらえるとのことでしたので、早速やってもらいに行きました。SIM カードの切り替えは簡単に終わってしまったし、大して難しいこともないのですが、一応同じ事を考えている人に何らかの参考になればってことで、下記に手順とか費用、まとめておきます。

SIM カードの切り替えは即日、20分程度で完了

近所のソフトバンクショップに、新しく切り替える iPhone 5 と、元々使っている iPhone 4S を持って行きます。手続き時には身分証明が必要なので、免許証や保険証を持って行くようにしましょう。iPhone 5 は、この時点で、私が使っていた SIM カードは刺さっていない状態、かつ 「すべてのコンテンツと設定を消去」 を実行し、リセット済みでした。

今回は奥さん同伴でショップに行っているので、回線を契約している本人が手続きする形になります。代理で手続きする場合は他になにか書類などが必要かもしれないので、その辺は問い合わせてください。

窓口で、「SIM カードの切り替えをお願いしたい」 と伝え、事情を説明します。「自分が使わなくなった iPhone 5 を譲りたいから、現状の iPhone 4S での契約は基本そのまま、機種変更して欲しい」 って感じですね。扱い的には 「持ち込みによる機種変更手続き」 となるそうです。

手続き自体はいくつかの書類を書かされる程度で、15分 ~ 20分もあれば終わってしまいます (空いててすぐに手続きに入れたので)。

切り替え手続きをした時点で古い iPhone 4S は使用不可になり、iPhone 5 用に新しく発行されて差し込まれた SIM カードが有効になるので、切り替え後、すぐにいつもの状態で使い始めたいって人は、iTunes にバックアップした iPhone 4S のデータから、iPhone 5 に復元を済ませた状態で持っていった方がいいかもしれません。今回はそこまで急いでいなかったので、家に帰ってから iPhone 5 に対して復元を実行しましたが。

パケットプランが変更に。手数料は 3,150 円也

今回、iPhone 4S から iPhone 5 に移行したことで、パケット定額のプランが変わりました。iPhone 4S の時に契約していたのが 「パケットし放題フラット」 で、月額 4,410 円 (税込) でしたが、iPhone 5 になると、「パケットし放題フラット for 4G LTE」 となるので、月額 5,985 円 (税込) となり、1,500円程度値上がりします。

また、「パケットし放題フラット for 4G LTE」 は 毎月の利用のデータ量が 7GB を超えた場合、請求月末までの通信速度が送受信時最大 128Kbps に制限される、通信速度制限が適用されます。制限がかかる前に告知がくるのと、申し込みによってこれを解除することもできますが、2GB ごとに 2,625 円の追加料金が必要です。

今回はテザリングも契約していないし、ここまで使用することはまずありえないので特に気にしていませんが、ヘビーに使う人は注意が必要かもしれませんね。

ちなみに、「パケットし放題フラット for 4G LTE」 は、iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5 の購入と同時に加入すると、月額利用料金が 5,460 円 (税込 / 2年間) になりますが、今回のように持ち込みでの機種変更の場合は適用されません。

さらに、切り替えに伴う事務手数料ですが、これは iPhone 4S から iPhone 5 の場合、「Softbank 4G LTE 対応機種と未対応機種間の機種変更」 という扱いになるため、3,150 円 (税込) になります。これは月々の支払いと合わせて請求されますので、その場で支払う金額は 0 円ですが、覚えておきましょう。

まとめ

ということで、最後に上記に書いた内容を簡単にまとめておきます。

行った手続きと諸条件

  • 現在、iPhone 4S を使用中で、お古の iPhone 5 への切り替え
  • 電話番号や切り替えに伴って変更が必須な契約内容以外はそのまま引き継ぎ
  • 回線契約者本人がソフトバンクショップにて手続き

ソフトバンクショップに持って行くもの

  • iPhone 4S (普段使ってる状態で OK)
  • iPhone 5 (SIM カードは抜いて。データリセット等はお好みで)
  • 身分証明書 (免許証や保険証、住基カード)

プラン変更が必要なものと手続きにかかった費用

  • パケットプランが 「パケットし放題フラット for 4G LTE」 に強制変更 (月額 5,985 円)
  • 事務手数料 3,150 円 (支払いは毎月の請求とあわせて)

その他注意点

切り替えの手続きを行った時点で、iPhone 4S は使えなくなる。iPhone 5 のセットアップができていないと、すぐに電話やメールが使えないので、急いでいる場合は事前にバックアップデータを使用して iPhone 5 に現在の環境を復元しておいた方がよいと思われる (つまり新しい SIM カードさえあればすぐに使える状態にして持って行く)。


上記はあくまで私の場合だったので、実際の手続き内容などはもしかすると異なるかもしれません。その辺、詳しくはソフトバンクさんに問い合わせてから各自お手続きください。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー