WWW Watch

Geolocation API 仕様が W3C 勧告に

Geolocation API が 10月 24日付けで W3C 勧告 (W3C Recommendation) になりました。

W3Cすでに主要なブラウザでは実装済みなので、今さら感はありますが、Geolocation API が 10月 24日付けで W3C 勧告になりました。

Geolocation API の最初の草案 (Working Draft) が公開されたのが 2008年ですから、約 5年かけて勧告までたどり着きましたとさ。

Geolocation API Specification W3C Recommendation 24 October 2013

Geolocation API とは

Geolocation API は JavaScript でモバイル端末の位置情報を取得するための API。現在使用されているほとんどのモバイル端末は、GPS や無線 LAN 電波による位置測位によって、デバイスの現在位置を算出する機能が搭載されていますが、端末側で持っているこの位置情報データに API を介してアクセスすることで、簡単に端末の位置情報データをブラウザやアプリケーション内で利用することが可能です。

ちなみに、所謂 「HTML5 関連仕様」 とか言われて、HTML5 のくくりで語られることが多いですが、正確には HTML5 仕様ではありません。まぁ大した問題ではないんですが。

IE9 以降をはじめ、主要なブラウザではかなり前から利用可能ですので、実際に多くの Web サイトやアプリケーションですでに利用されています。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー