WWW Watch

Google の利用規約改定で、広告内に自分の名前や写真が出るようになる

Google が 2013年11月11日付けで発行予定の新しいサービス利用規約により、Google は自社の広告内でユーザーのプロフィール名や写真を利用することができるようになります。オプトアウトも可能。

GoogleGoogle がサービス利用規約を 2013年11月11日付けで改定するそうですが、その新しい利用規約の中で、Google が自社の広告内に、ユーザーのプロフィール名や写真を表示できるように変更が行われたとのこと。

すでに Google の検索結果などでは Google+ 上でフレンドになっている人が +1 しているページがあると、その旨がプロフィール名や写真と一緒に表示されていましたが、この利用範囲が広告にまで拡大されるという話。Google サービス上で、あるページや製品などにつけた +1 やレビューなどが、プロフィール名、写真と一緒に広告内で表示されるようになるみたいです。

公開範囲は 「コンテンツの共有先として指定したユーザーだけ」 とのことで、さらに設定によってこの機能を無効にすることもできます。

Google では、あなただけでなく友だちやその友だちに対しても、最も役立つ情報を提供したいと考えています。知っている人からのおすすめ情報はとても役に立ちます。そのため、友だち、家族、その他のユーザーに、あなたのプロフィール名と写真、共有したレビューや +1 した広告などのコンテンツが表示される場合があります。こうした表示は、+1 する、コメントする、フォローするなどの行動をとったときにのみ発生します。表示対象となるのは、コンテンツの共有先として指定したユーザーだけです。Google で何を共有するかはユーザー自身が決められます。利用規約に対する今回の改定で、過去にコンテンツを共有したユーザーに対する変更や、今後コンテンツを共有したいユーザーを決める機能への変更はありません。

利用規約の更新情報 - ポリシーと原則 : Google から引用

Facebook でも広告内にユーザー名や写真が表示されるようになっていますが、これと同じような感じですね。一応、それが嫌な人は 「共有おすすめ情報」 の設定画面でオプトアプトもできるようになっています。

実際に変更された利用規約で該当する部分は、「本サービス内のユーザーのコンテンツ」 に追加された下記の部分。

ユーザーが Google アカウントを持つ場合、ユーザーのプロフィール名、プロフィール写真、Google または Google アカウントに関連付けられた第三者のアプリケーションでの行動(ユーザーの +1 や、ユーザーが記述したレビューおよび投稿したコメントなど)が本サービスに表示される場合があります(広告やその他の商用関連の表示も含まれます)。Google は、Google アカウントでユーザーが行う共有または公開範囲の設定に関する選択を尊重します。たとえば、名前や写真を広告に表示しないよう設定することができます。

Google 利用規約 - ポリシーと原則 : Google (2013年11月11日発行予定版) から引用

現状の利用規約と見比べるとわかると思います。

実際に広告内に表示される場合の例として、Google のサイトではサンプルが公開されています。

Google での共有おすすめ情報の例

Google での共有おすすめ情報の例

Google での共有おすすめ情報の例

ちなみに、18歳未満のユーザーに関しては、今回の共有のおすすめ情報の対象にはならないとのことです。

広告内にあなたの +1 を表示しないよう以前に設定済みの場合は、その選択を今回更新された設定の一部として継承します。また、18 歳未満のユーザーの操作は、広告やその他の特定のコンテキスト内の共有おすすめ情報に表示されません。

利用規約の更新情報 - ポリシーと原則 : Google から引用

また、今日付けで Google+ を利用しているアカウント宛にメールでも本件に関する案内が届いてるみたいですね。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー