WWW Watch

5分でわかる Swarm の使い方と Foursquare の変更点

Foursquare がリニューアルし、従来のチェックイン機能などを新しいアプリ 「Swarm」 に分離。Foursquare はスポット検索に特化したアプリとなりました。ここでは 「Swarm」 アプリの使い方と Foursquare の変更点を解説しています。

Swarm by Foursquareある場所への、所謂チェックインを共有するロケーションベースのソーシャル・ネットワーキング・サービスとして人気の Foursquare は日本でも使っている人が多いと思います。

今月 1日ですが、その Foursquare が大きな方向転換をし、Foursquare アプリから主要機能だったチェックイン機能を削除、この機能を独立したチェックイン専用アプリ 「Swarm」 に移行、従来の Foursquare アプリはクチコミによってお店やスポット情報を検索するツール (Yelp とか 30min. みたいな感じ) に特化すると発表しました。

で、本日その Swarm が正式にリリースされましたので、早速ですが簡単な使い方など解説してみます。あわせて新しい Foursquare アプリの変更点なども挙げてみましょう。

実は 4年以上前に書いた foursquare の始め方の記事 (下記参照) が、もう内容的にはかなり古いんですけどもいまだに結構なアクセスがありまして、この機会なので情報をアップデートする意味も込めて書いてみたいと思います。

Swarm のダウンロード

新しい Swarm アプリケーションのダウンロードは下記の公式サイトから可能です。iOS 向けと Android 向けにアプリケーションが提供されていますので、自分の環境に合わせてダウンロードしましょう。

Swarm by Foursquare のダウンロード

Swarm になって何が変わったのか

Swarm に実装されている主な機能としては下記のような感じです。

  • 従来の Foursquare アプリにあったチェックイン機能
  • 自分の現在地から近くにいるフレンドを探す機能 (地域共有)
  • 自分の行動プランを晒して、近くにいるフレンドを誘う機能 (プラン)

「地域共有」 は、Facebook なんかも実装していますが、位置情報から周辺にいるフレンドを探してコンタクトを取りやすくしたりする機能ですね。まぁ人によっては気持ち悪いって言われる機能でもありますが。

「プラン」 っていうのは Twitter とかで 「○○にいるんだけど暇な人がいたら来ない?」 とかっていう所謂 「緩募」 的なことができる機能です。イメージ的には特定の人ではなく、周辺にいるフレンドに対して 「私、これからここ行くよ~」 みたいに言い放つ感じの機能ですね。

それを見た人は、興味があることを示すことができますので、そこでコンタクトを取って・・・ みたいな感じの使い方になるかと思います。

ということで、各機能について簡単にですが説明してみます。ちなみに、私は iPhone ユーザーですので、下記の説明もすべて iPhone アプリを前提に進めます。

Swarm アプリケーションの起動

アプリケーションを立ち上げると、すでに Foursquare を使っている場合は、自動的にアカウントを引き継いで開始することができます。問題なければ 「接続」 をタップしてログインしましょう。

Swarm アプリケーションの起動

いくつか初期設定の設問がでてきますので、答えていきましょう。最初に位置情報を取得していいかの確認ですが、許可しないとチェックインできないのでとりあえず OK を押します。

Swarm の初期設定 - 位置情報の使用許可

次に通知をオンにするかを聞かれます。自分のチェックインにフレンドがアクションしてくれた場合 (お気に入りに追加するとかコメントするとか) や新しく追加された 「プラン」 機能をフレンドが使った場合などに通知がされます。

Swarm の初期設定 - 通知機能の設定

通知をプッシュするかの確認ですね。うざい場合は 「許可しない」 で。あとからでも通知の設定で変更できます。

Swarm の初期設定 - 通知をプッシュ

続いて、「地域共有」 について紹介してくれます。次に進めば使用方法を見ることもできます。

Swarm の初期設定 - 「地域共有」 機能の紹介

Swarm の初期設定 - 「地域共有」 機能の紹介

地域共有で周辺のフレンドを探す

地域共有は、自分のいる位置を中心に、近場にいるフレンドを表示します。Swarm で新たに追加されました。

この機能をオンにしていると、フレンドに今自分がどの辺にいるか (あくまで範囲ですが) を知らせることになりますので、知られたくない場合はオフにする必要があります。

地域共有はいつでも簡単にオン・オフが切り替えられるようになっていて、画面上部の自分のアイコン (プロフィール写真) のところをスワイプすることでオン・オフできます。

Swarm 「地域共有」 機能のオン・オフ切り替え

ちなみに、「地域共有」 機能をオフにすると下記のような表示になります。この状態でもチェックインはできます。

Swarm の 「地域共有」 機能をオフにした状態

フレンドのタイムライン

画面下部のメインメニュー、左から 2番目をタップすると、フレンドのチェックイン状態が確認できます。これは従来の Foursquare でも見ることができた、Twitter や Facebook で言えばタイムライン的な部分です。

特定のフレンドを検索することも可能ですし、これも従来通りフレンドのチェックインをお気に入りに追加したりもできます。

Swarm - フレンドのタイムライン

プランで自分の行動予定を公開、仲間を緩募

「プラン」 機能は地域共有同様、Swarm で新たに追加された機能ですが、自分の行動予定 (プラン) をフレンドに公開して、「それ俺も参加させてー」 とか、「その店、私もこれから行くわ」 みたいな仲間をゆる~く募集できる機能です。

Swarm - 「プラン」 機能

自分の周辺で公開されているプランは自動的に表示され、それに対して興味があることを伝えることもできます。「これから○○に飲み行くわー」 みたいな感じで緩募しといて、お店で合流みたいな使い方ができるかもしれません。

誰も反応してくれなかったらそれはそれで寂しいのでノリのいいフレンドが少ない人にはちょっと微妙かもしれないですが・・・・・・

Swarm - 後悔されたフレンドの 「プラン」 に反応

通知機能

通知機能はそのまま、フレンドが自分のチェックインをお気に入りにしたとか、そういう通知がまとめて表示されます。

Swarm - 通知の表示例

チェックイン機能にはスタンプ的な機能が追加

チェックインボタンチェックイン機能の使い方は基本的に Foursquare と同様で、ヘッダにある左のボタンを押すことでチェックイン画面に移動します。

現在の位置情報から自動的にチェックインする場所が選択されますが、違う場合は 「現在地を変更」 をタップすることで付近の一覧から選択し直せます。検索したい場合は検索窓にお店の名前などを入れてみましょう。

Foursquare からの変更点としては、新たに 「Sticker」 というスタンプ的な機能が追加されています。従来の Foursquare ではチェックイン時に写真やコメントを投稿できましたが、Swarm ではこれに加えて、Sticker でその時の気分や、お気に入り度みたいなものを示せるようになりました。

Swarm - チェックインの新機能 「Sticker」

チェックイン画面に Sticker の一覧が表示されますので、タップして選択するとチェックイン時に自分のプロフィール画像にこの Sticker が表示されます。

Facebook などとの連携は再設定が必要

もともと Foursquare を使っていてチェックイン時に Facebook や Twitter に投稿する設定にしていた方もいるかと思いますが、Swarm に切り替え後は再度設定をしないといけません。

自分のプロフィール写真をタップすると、チェックイン履歴等の表示になりますが、画面右上に設定画面に移動するアイコンが表示されますので、設定画面に進みましょう。

Swarm - Facebook や Twitter との連携

各種設定がここで行えます。Facebook や Twitter との連携設定は、「Facebook & Twitter」 をタップすると表示されます。

Swarm の設定 - 「Facebook & Twitter」

それぞれ 「追加」 ボタンを押して、認証すれば、チェックインしたときに Facebook や Twitter に同時に投稿することができるようになります。

Swarm の設定 - 「Facebook & Twitter」 から追加

ちなみに、各チェックインを Facebook や Twitter に投稿するかは、個別に選択できます。チェックインボタンを押したあとに、Facebook や Twitter への投稿ボタンが表示されますので、そこで選択しましょう。何もしなければ投稿はされません。

Swarm - チェックイン時 Facebook や Twitter に同時に投稿

Foursquare アプリの方はどうなったの?

2014年 8月 6日追記
チェックイン機能が Swarm に分離して残った Foursquare アプリですが、今回大幅にアップデートされ、完全に新しいアプリとなりました。それに伴い、このセクションはスクリーンショットなどを差し替えて、説明文も少し変更しました。

従来の Foursquare アプリの方は最新版にアップデートするとチェックイン機能やタイムライン機能はなくなり、お店やスポット検索とそこに付けられた Tips などを見たり、お気に入りに保存しておくといった機能がメインになります。まさに、Yelp ですね。ロゴも変わってるし・・・・・・

タイムラインがあった場所には、スポットのカテゴリが表示され、そこから自分がいる場所の近くにあるお店などを探すことができます。

Foursquare アプリの新しいインターフェース - スポットのカテゴリ一覧

例えば 「ラーメン / 麺類店」 カテゴリを見てみると、現在いる場所の近くで、人気のスポットを見つけることができたりします。

Foursquare アプリで 「ラーメン / 麺類店」 カテゴリを表示した例

予算や営業時間、現在地からの距離などで探し出したスポットのフィルタリングも細かくできるようになっています。

スポットのフィルタリングも細かくできるようになっています

各スポットの情報は、かなり詳しく書かれていて、従来のチェックインという用途より、お店の情報を探したりすることに重点が置かれているのがわかります。

新しい Foursquare アプリでお店を表示した例

Foursquare アプリでチェックインしようとすると Swarm が起動

新しい Foursquare アプリでお店などスポットにチェックインしようとすると Swarm が起動してそちらでチェックインする形になります。

最新版の Swarm を使っている場合、Swarm でチェックインをキャンセルすると、上部に Foursquare アプリに戻るためのリンクが表示されますので、それを押せば Foursquare アプリに戻ってこられます。

「メイヤー」 は 「エキスパート」 へ

Foursquare でチェックインするモチベーションにもなっていたメイヤー機能は、そのスポットに最も多くチェックインしたユーザーが 「メイヤー」 という称号を得ることができる機能でしたが、さすがにユーザー数が数千万人を超え、全ユーザーの中であるスポットへのチェックイン回数を競うとなると、新しく参加したユーザーなどは、メイヤー獲得がほぼ不可能な状況で、それだと楽しくないよねってことで 「エキスパート」 に移行したようです。

新しい Foursquare アプリのプロフィール画面 - エキスパートの項目があります

新しい Foursquare アプリのエキスパート進行画面

これ、まだどういう仕組みなのかわかりませんが、どうもスポットに付けた Tips の数や、それに対する回りの反応で、この分野のスポットに強い人みたいな評価がされる感じ。所謂ベストレビュアー的な扱いでしょうか?

今まで獲得したバッジは消えた・・・

今まで獲得したバッジに関しては、今回のアップデート前の Foursquare アプリではプロフィール写真をタップで表示される履歴画面から、バッジアイコンをタップ (トロフィーケース) することで、確認できたんですが (下記)

旧 Foursquare アプリ - 履歴を確認

旧 Foursquare アプリ - 獲得したバッジはトロフィーケースに保管されていましたが・・・

今回の大幅アップデートによってどこかに行っちゃいました。

もうバッジは役目を終えたのか、それとも私が見落としているだけなのかわかりませんが。

パーソナライズ項目が追加

プロフィール画面には、新たにパーソナライズの項目が追加されました。

新 Foursquare アプリ - パーソナライズ

ここで 「好みを追加」 を選択すると自分の好みを入れておくことができるようになっています。パーソナライズ項目にフレンドも含まれているので、フォローしているフレンドによってもパーソナライズが行われるんでしょう。

新 Foursquare アプリ - 好みの追加

これによって、好みに一致するスポットや、フレンドがオススメしているスポットが近くにあるとプッシュ通知してくれるみたいですが、ちょっとまだ使っていないので精度や使い勝手はわかりません。使い込んだら追記するかも。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー