WWW Watch

Google 透明性レポートに 「HTTPS の使用状況」 セクションが追加、日本は HTTPS の普及で遅れ気味

Google は、同社が公開している透明性レポートに、新たに 「HTTPS の使用状況」 セクションを追加したことを発表しました。データを見てみると、日本だけ他国に比べて HTTPS の利用率が低いことがわかります。

Google は、同社が公開している透明性レポート (Transparency Report) に、新たに 「HTTPS の使用状況 (HTTPS Usage)」 セクションを追加したことを発表しています。

このセクションには、HTTPS 使用状況が時間の経過とともにどう変化しているかがわかるデータが、Web 全体、および国別にまとめられています。

データを見ると、現時点でパソコン向けページについて、ユーザーが表示するページの半分以上が HTTPS 経由になっていること、さらに HTTPS ページの閲覧時間は Web の利用時間の 2/3 を占めることがわかります。

また、モバイルデバイスが対象になると、HTTPS 経由で読み込まれるページの割合はパソコンに比べて劣るものの、同じく増加傾向であることなどが読み取れます。

Google 透明性レポート 「HTTPS の国別使用状況」 のキャプチャ

国別の使用状況で日本の HTTPS 使用状況を見ると

レポート内の 「国別の使用状況」 をみると、下記に挙げた 10カ国における HTTPS の利用状況が確認できます。ちなみにこの 10カ国は 「Chrome のユーザー数がデータを集めるのに十分な数いることと、地理的に分散されていること」 を理由に選定されているとのこと。

  • 日本
  • アメリカ合衆国
  • ドイツ
  • フランス
  • ロシア
  • トルコ
  • メキシコ
  • ブラジル
  • インドネシア
  • インド

で、この中で明らかに日本だけ HTTPS の利用が普及していないことがわかります。例えば、「HTTPS 経由で読み込まれたページの割合」 のパソコン向けページに関するデータでは、2016年10月の時点で、10カ国中 9位のトルコが 47% なのに対して日本は 35% と、10% 近く差が付いての 10位ですし、「HTTPS サイトの閲覧時間の割合」 のデータでも、他国が 60% を超える中、日本ではまだ 50% にやっと届くかというところ。

普段閲覧している Web サイトの 50% (閲覧時間において)、つまり半分が HTTPS 経由なら結構普及してるんじゃないの? という見方もできるかもしれませんが、10カ国ピックアップして、他国がほとんど横並びの中、日本だけがちょっと特殊な感じのデータになっているのは面白いです。

まだ日本ではフォームやログイン画面など Web サイトの一部を HTTPS で接続するようにはしていても、Web サイト全体を HTTPS 経由で接続するようにはしていないところが多いです。例えば楽天市場のような超大手サイトでも、未だに HTTPS での接続はマイページやショッピングカートに遷移した先だけだったりしますし、結構遅れてる感は強いです。

とはいえデータ的には日本も HTTPS の利用率が増加傾向ではありますので、今後は徐々に増えていくことは予想されます。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー