Internet Explorer 11 がついにサポート終了、2022年 6月 15日でお別れへ

Microsoft は公式 Blog にて、IE11 (Internet Explorer 11) のサポートを、2022年 6月 15日をもって終了することを発表しました。Microsoft Edge への移行を改めて呼びかけています。

Microsoft は、公式 Blog にて下記の記事を公開し、IE11 (Internet Explorer 11) のサポートを、2022年 6月 15日をもって終了することを発表しました。この決定に関連する FAQ も公開されています。

で、この記事を書いている最中に日本語訳も公式に公開されましたので、そちらのリンクを下記に。

公式に日本語訳が出てしまったので、もうそちらを読んでいただければ終わる話なんですが、内容を簡単にまとめると、

まず、今回発表された、サポート終了の対象となる IE11 は下記。

  • Windows 10 のリリースサイクル「半期チャネル(SAC)」で配信される IE11
    • Windows 10 デスクトップ SKU (20H2 以降)
    • Windows 10 IoT (20H2 以降)

下記に関しては、影響を受けない。

  • Microsoft Edge の Internet Explorer モード
  • Internet Explorer プラットフォーム (MSHTML/Trident)
  • 以下のオペレーティング システムで動作する IE11
    • Windows 8.1
    • Windows 7 ESU
    • Windows 10 Server SAC (全バージョン)
    • Windows 10 IoT LTSC (全バージョン)
    • Windows 10 Server LTSC (全バージョン)
    • Windows 10 クライアント LTSC (全バージョン)

基本的に、一般人が使用する環境においては、2022年 6月 15日以降、IE11 は一切バンドルされなくなると。めでたい。

ちなみに、すでに昨年の 8月、Microsoft は、Microsoft 365 の SaaS 版における IE11 の段階的なサポート終了 (下記の通り) を発表しています。

今回の発表では、その次のステップとして、Windows 10 における IE の後継が Microsoft Edge であることを明確にした上で、Microsoft Edge が 「Internet Explorer モード」 を搭載していることを理由に、互換性の問題もないとして、IE11 のサポート終了を正式に決定したと (ちなみに、Microsoft Edge の 「Internet Explorer モード」 は、少なくとも 2029年まではサポートされる予定)。

ということで、おとなしく Edge に切り替えましょう。いまだに IE11 を普段使いしている人がいるのかってのはありますけども。

記事をここまで御覧頂きありがとうございます。
この記事が気に入ったらサポートしてみませんか?
サーバ代の足しにさせて頂きます。
Social Share