WWW Watch

Maps Blog にエントリー

前回のエントリーからのつづきです。さて、あとはエントリーを投稿するだけの状態まで到達しました。今回は実際にエントリーを入れる部分を手順を追って解説しますよ。...

前回のエントリーからのつづきです。さて、あとはエントリーを投稿するだけの状態まで到達しました。今回は実際にエントリーを入れる部分を手順を追って解説しますよ。

ちなみに前回説明していなかったのですが、ダウンロードファイル (参照) 内の

template > system

フォルダ内にあるファイルは、システムテンプレートのそれぞれ

  • コメント・プレビュー (comment_preview.txt)
  • コメント・エラー (comment_error.txt)
  • コメント・保留 (comment_pending.txt)

用のテンプレートソースになっていますので、ついでに反映しておいてください。

では、実際にエントリーの投稿にいってみましょう。まず、「新規エントリー」 画面に進みますが、まず最初に一番に表示されている 「画面の表示設定を変更」 をクリックし、画面設定を変更します。具体的には 「カスタム」 設定にし、「キーワード」 が追加されるようにしてください。全部にチェック入れておけば間違いないです。

画面の表示設定を変更

そうしたら、マーカーを置く緯度・経度のデータが必要なので、それを取得します。例えば、Google Maps から取得する場合、Google Maps の地図上で、住所検索、又は任意の場所をダブルクリックし画面の中心に持ってきたら、右上の 「このページのリンク」 をクリックすると URI 内にその場所の緯度・経度が入っています。

Google Maps

12月6日追記
Google Maps API でも緯度経度を世界測地系で扱うように変更されました。今後は下記のような計算は必要ありません。そのまま Google Maps 上から位置情報を持ってきましょう。

ただし、気をつけないといけないのが、Google Maps 上は緯度・経度情報が世界測地系で扱われているのですが、API 上では日本測地系という異なる形式で扱っていますので、Google Maps 上で取得した緯度・経度をそのまま使うと、微妙に位置がずれます。そこで、エントリーの際には、まず世界測地系→日本測地系への変換が必要です。変換は下記の計算式である程度までは出せますよ。

  • 緯度(日本)= 緯度(世界)+ 0.00010696*緯度(世界)- 0.000017467*経度(世界)- 0.0046020
  • 経度(日本)= 経度(世界)+ 0.000046047*緯度(世界)+ 0.000083049*経度(世界)- 0.010041

緯度・経度の情報がそろったら、実際のエントリーへ。タイトル、追記に関しては通常通り。エントリーの内容だけ文章内に改行が入らないように。また、カテゴリーの選択も忘れずに。一番肝心なのは、概要の部分に 「経度」 を、キーワードの部分に 「緯度」 を入力するところ。改行などせずに半角で入れてください。

エントリー投稿

概要に経度を入れていますので、MT 上からトラックバックや Ping を打ったときに 「経度」 の部分がデータとして飛んでいってしまうのですが、そこは仕方ないので我慢してください。さて、実際にエントリーを保存してみましょう。投稿完了後、トップページにアクセスすれば、サイトが出来ているはずですよ。

完成

いかがですか?うまくいきましたか?次回はテンプレートなどの中身についての解説をしてみたいと思います。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー