WWW Watch

CSS 2.1 が W3C 勧告に

CSS 2.1 が長い時間をかけてやっと W3C 勧告になりました。

Twitter でも書きましたが、CSS 2.1 が W3C 勧告になりました。

ということで、6月7日付けで下記の通り公開されています。

W3C announced new levels of support today for Cascading Style Sheets (CSS), the language for adding style to Web content. W3C released an update to the core CSS standard, CSS 2.1, to reflect the current state of support for CSS features, and to serve as the stable foundation for future extensions. CSS has been in widespread use as an Open Web technology for more than a decade, but it took many years for implementations and the specification to converge. The collective efforts of the CSS Working Group, implementers, contributors to the CSS Test Suite, and the W3C CSS community have made interoperable CSS a reality for the Open Web. More than 9000 CSS tests have made it easier for designers to create style sheets that work across browsers, and across devices. "This publication crowns a long effort to achieve very broad interoperability," said Bert Bos, co-inventor of CSS and co-Editor of CSS 2.1." Now we can turn our attention to the cool features we've been itching to bring to the Web." The CSS Working Group also published two other Recommendations today: CSS Color Module Level 3 and A MathML for CSS Profile.

Cascading Style Sheets Standard Boasts Unprecedented Interoperability : W3C News から引用

また、関連仕様として、「CSS Color Module Level 3」、及び 「A MathML for CSS Profile」 も W3C 勧告になっています。

勧告されるまで、とっても時間がかかったため、CSS 2.1 は正式勧告される前に実装が進み、事実上の標準仕様として扱われてきました。また、すでに世の中的には CSS3 だの HTML5 だの言っている状況ですから、ここにきての勧告には今さら感があるのは仕方ないと思いますが、ここがきちんと勧告されることはとても意味のあることですからとにかくよかったねと。CSS WG も CSS3 の方にリソースを集中できるようになるでしょうし。

そういえば、同じく CSS 2.1 関連で言えば昔からずーっと PR なままの Selectors Level 3 の方はまだ勧告されないんすかね…

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー