WWW Watch

Google Reader、日本時間 7月 2日 16時をもってサービス終了

日本時間の 7月2日、16時をもって、Google Reader が予定通り、完全にサービス停止しました。せっかくなのでその瞬間をキャプチャしておいた動画も掲載しておきます。

Google Reader予定通り、Google Reader が終了しました。米国時間の 7月 1日の終了をもって (日本時間では 7月 2日の 16時)、サービスにアクセスすると 404 Not Found、もしくは終了のメッセージが表示されるようになりました。

最後の見納めにと思って、16時数分前からログインしてしばらく放置してた未読の記事を既読にしたりしてたんですけども、私の環境では 16時 15分くらいにリロードしたら、404 が帰ってきて終了。その後確認したら、前述の通り、サービスが終了した旨を伝えるメッセージページに転送されるようになりました。

これが、サービス終了直後の状態。

Google Reader 終了時の 404 Not Found

今は、Google Reader のアドレスに行くと、下記のようなメッセージが表示されると思います。

Google Reader 終了後のメッセージ

メッセージは、今までありがとう的な言葉と、Google Reader を終了するっていう決定には納得いかない人も多いと思うけど、代替サービスの方を引き続きよろしくっていう内容になっています。

また、データのエクスポートに関しては、Google Takeout を使って、7月 15日の 12時 (米国時間) までは可能との案内が掲載されています。データを救出し損なった人も、まだ取り出せるので大丈夫です。

ただし、上記日時を過ぎると、Google Reader 上のデータはすべて削除され、復旧できなくなるからよろしくねってことですので、データの救出がまだの人はそれまでに取り出しておきましょう。

で、最後ってこともあったので、画面を動画キャプチャしながら Google Reader をいじってたんですが、終わりの瞬間がキャプチャで残ったので、YouTube に上げときました。下記に貼っときます。

ということで、長い間お世話になりました。ありがとう Google Reader。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー