WWW Watch

Dropbox が 「Project Infinite」 を発表、ローカルのディスク容量が少ない環境でも使いやすく

Dropbox はビジネス顧客向けカンファレンス 「Dropbox Open」 で、ローカルのディスク容量が少ない環境でもディスク容量を圧迫せず、従来通り Dropbox 上のファイルに素早くアクセスできる仕組み 「Project Infinite」 を発表しました。

DropboxDropbox、個人的に今では仕事で欠かせないサービスになっていますが、PC 版の Dropbox アプリの問題点として、Dropbox 上に同期されたファイルが、基本的にはすべてローカルにも同期される点が挙げられます。

もちろん、デスクトップ PC など十分なディスク容量が確保された環境で同期されるのは全く問題ないのですが、ノート PC などであまりディスク容量に余裕がない環境だと、全 Dropbox データが同期されてしまうとディスク容量的に厳しかったり、しばらく同期されていなかったりすると PC 立ち上げ時に同期にすごく時間がかかったりと少し使い勝手が悪い場合がありました。

ところが、そんな問題を解決する可能性のある仕組み 「Project Infinite」 を Dropbox が発表しました。

この 「Project Infinite」 は Dropbox のビジネス顧客向けカンファレンス 「Dropbox Open」 で発表されたもの。

上記の動画がわかりやすいですが、要するに Dropbox 上にあるファイルがローカルの PC から普段通り見えているものの (Dropbox 上にのみあるファイルはクラウドのマークが付くみたいです)、実際にはローカルに同期されていないのでディスク容量を圧迫せず、開きたいときは普通に開けば、その時点で Dropbox からダウンロードされて開くことができますよと。

iPhone や Android アプリは当然こういう動作をしますが、PC 版でも同様の動作をしてくれることで、使い勝手はそのままに、ディスク容量を大きく節約できることになります。

記憶では昔どこかのオンラインストレージがそういう仕組みだった気がしますが、むしろこれまで Dropbox で提供されなかったのが不思議なくらいの便利機能になると思われます。

ちなみに、今までローカルのディスク容量を節約したい場合、Dropbox アプリの 「選択型同期」 で同期するフォルダを絞ったり、あえて Dropbox アプリは入れずに、ブラウザから Dropbox にアクセスして必要なファイルを落とすといった使い方をする必要がありましたが、前者の場合は同期しないように設定したフォルダの中身がローカルで確認できないため、結局 Dropbox の Web 版にアクセスしたりする必要があり不便でした。「Project Infinite」 ならそういうことも気にせず使えそう。

この 「Project Infinite」 が 「Dropbox Business」 を使用しているユーザー向けなのか、Pro プランなど、有料アカウントユーザーなら使えるのか、それとも無料ユーザーでも使えるのかなどについては不明ですが、使えるようになればかなり便利になるのではないかと思いますので、期待して待ちたいと思います。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー