WWW Watch

Windows 10 への無償アップグレードは7月29日まで、それ以降は予定通り有償に

Microsoft は 1年間限定で提供されていた、Windows 7 / Windows 8.1 ユーザーを対象にした Windows 10 の無償アップグレードについて予定通り 2016年 7月 29日で終了、それ以降は有償でのアップグレードになることを正式に発表しました。

Microsoft は 去年 7月の Windows 10 一般公開時、1年間限定で、Windows 7、または Windows 8.1 を利用中のユーザーに対しては無償でのアップグレードを提供することをあわせて発表し、現在でも無償アップグレードが可能ですが、この期限を予定通り Windows 10 の発表から 1年後となる、2016年 7月 29日で終了することを正式に発表しました。

7月いっぱいまでは、Windows 7 SP1 と Windows 8.1 Update の正規版を利用しているユーザーで、使っているデバイスが Windows 10 へのアップグレードに対応できるスペックであれば、Windows Update を経由して無償でアップグレード可能です。

この期限が過ぎると有償になりますので、例えば Windows 10 Home なら日本だと 20,000円弱、Pro だと 30,000円弱の費用が必要になります。今のうちにアップグレードしておくのがよいと思われます。

古いシステムを使い続けるのはやめろ

以前、Windows 7 のメインストリームサポートが終了した際にこの Blog でも取り上げましたが、サポートが終了した OS はセキュリティアップデート等が提供されなくなり、そのまま使い続けるには非常に危険な状態になります。

自分が危険に晒されるだけならいいと思うかもしれませんが、他者への攻撃の踏み台にされたり、セキュリティに問題があるシステムに保存された他人の重要な情報が漏洩するといった可能性もあり、アップグレードしないユーザーだけの問題ではありません。

参考までに、Windows XP 以降の Windows 各バージョンにおける、サポート期限について下記にまとめます。XP を現時点で使用するのは論外として、Windows Vista も来年には延長サポートが終了しますし、Windows 7 もすでにメインストリームサポートは終了し、延長サポート期間に入っています。

製品名 メインストリーム
サポート終了日
延長サポート
終了日
サービスパック
サポート終了日
Windows XP 2009年 4月 14日 2014年 4月 8日 2005年 8月 30日
Windows Vista 2012年 4月 10日 2017年 4月 11日 2010年 4月 13日
Windows 7 2015年 1月 13日 2020年 1月 14日 2013年 4月 9日
Windows 8/8.1 2018年 1月 9日 2023年 1月 10日 2016年 1月 12日

上記の表は 「Windows のサポート期限 : Microsoft」 より引用。

ということで、Microsoft が無償で提供してくれているこの機会に、最新版の Windows 10 へのアップグレードをしておきましょう。

なに? UI が変わるのが嫌だ? あんなもん慣れです。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー