WWW Watch

Google タグマネージャに新機能 「ワークスペース」 が追加、複数人での更新が便利に

Google タグマネージャの新機能、「ワークスペース」 が追加されました。ワークスペースにより、Git などのバージョン管理システムでブランチを切るような感じで 1つのコンテナに対して異なる複数の変更を同時に進めていくことができます。

Google タグマネージャの新機能として、「ワークスペース (Workspaces)」 と呼ばれる機能が追加されました。バージョン管理をより便利にする機能で、簡単に言ってしまえば Git などのバージョン管理システムでブランチを切るような感じで 1つのコンテナに対して異なる複数の変更を同時に進めていくことができます。

1人で小規模な Web サイトを管理している人にはそれ程大きな恩恵はないかもしれませんが、複数人で大規模な Web サイトへの JavaScript 配信をタグマネージャを利用して行っている方々には便利な機能だと思います。個人アカウントでは最大 3つまでワークスペースを作成できます。

この変更は、企業向けのタグマネージャ 「Google タグマネージャ 360(Tag Manager 360)」 の発表にあわせて行われたもので、企業向けアカウントであれば無制限にワークスペースを作成することができるようです。それ以外の一般アカウントの場合は、最大で 3つまでに制限されています。

Google は今年に入ってからも 「Google アナリティクス 360 (Analytics 360)」 を発表するなど、企業向けに機能を強化した製品を提供することに力を入れているようですが、そのタグマネージャ版となります。

この変更にあわせてタグマネージャの UI も結構変わりましたね。下記が、新しいワークスペースを表示した状態です。

Google タグマネージャ - ワークスペースの初期表示例

ワークスペースはデフォルトで 1つ作成されていて、この状態でコンテナに対して何か変更を加えると、自動的にワークスペースに反映されていきます。ワークスペースは途中で保存したりする必要はなく、自動的に変更が記録されていきますので、過去に修正を破棄したりするのも簡単です。

Google タグマネージャ - ワークスペースに変更が反映された状態の表示例

編集が完了したら、そのままワークスペースを公開することもできますし、今まで通り、バージョンを作成することもできます。

Google タグマネージャ - ワークスペースの公開、もしくはバージョンを作成

また、同ワークスペース内で複数のユーザーが変更を加えている場合、編集中のタグが他のユーザーによって書き換えられるといったことも起こると思いますが、その場合は競合があることを下記のようなアラートで知らせてくれるとのこと。

Google タグマネージャ - 編集が競合した場合の通知

画像は Enterprise-Class Tag Management: Announcing Workspaces : Analytics Blog より引用

変更内容を確認して、必要に応じてマージすることができるようになっていますので、複数人で同時に作業していても安心です。

Google タグマネージャ - 競合した部分を確認してマージするためのツール

画像は Enterprise-Class Tag Management: Announcing Workspaces : Analytics Blog より引用

ワークスペースは、個人アカウントの場合、最大 3つまで作成できるようです (デフォルトで 1つ設定されていて、「残りのワークスペース 2個」 と表示されているので)。

Google タグマネージャ - ワークスペース管理の初期表示例

ワークスペースが 1つしかなければ、基本的には今まで通りの流れで、変更 → 必要に応じて確認 → 公開 と進んでいけばよいと思いますが、ワークスペースを複数作成した場合は、「ワークスペースの管理」 からワークスペースを切り替えて作業することができます。

Google タグマネージャ - ワークスペース管理に複数のワークスペースがある場合の表示例

例えば、デフォルトのワークスペースで、既存サイト用の作業を進めつつ、別のワークスペースでリニューアル後の Web サイトで配信する JavaScript の作業を進めておいて、新旧 Web サイトの切り替え時にタグマネージャ側でも新サイト用のワークスペースを公開するといったことが可能になります。

ちょっとまだ使い込んでいないので細かい点はわかりませんが、大規模な Web サイトの管理に利用している方は試してみるとよいと思います。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー