WWW Watch

Web Topic カテゴリーの記事一覧

インターネット、Web での新しい出来事や話題に関する記事の一覧を表示しています。(1 / 7 ページ)

WordPress のユーザー名を隠してもセキュリティ対策に大きくは影響しない

WordPress に登録されているユーザー名が外部からわかってしまうのは問題だという記事が話題になっていたようなので簡単にメモ。

もちろん、隠せるなら隠したらよいと思いますから、下記の記事の内容を否定するつもりはありませんが、ユーザー名が外部にバレるのは問題だという話については、それを言ったら世の中のほとんどのサービスが問題になっちゃうからさという話と、そんなことよりもやるべきことは沢山ありますよというセキュリティ対策の優先順位の話について。

Continue reading

Google 透明性レポートに 「HTTPS の使用状況」 セクションが追加、日本は HTTPS の普及で遅れ気味

Google は、同社が公開している透明性レポート (Transparency Report) に、新たに 「HTTPS の使用状況 (HTTPS Usage)」 セクションを追加したことを発表しています。

このセクションには、HTTPS 使用状況が時間の経過とともにどう変化しているかがわかるデータが、Web 全体、および国別にまとめられています。

データを見ると、現時点でパソコン向けページについて、ユーザーが表示するページの半分以上が HTTPS 経由になっていること、さらに HTTPS ページの閲覧時間は Web の利用時間の 2/3 を占めることがわかります。

また、モバイルデバイスが対象になると、HTTPS 経由で読み込まれるページの割合はパソコンに比べて劣るものの、同じく増加傾向であることなどが読み取れます。

Continue reading

Google タグマネージャに新機能 「ワークスペース」 が追加、複数人での更新が便利に

Google タグマネージャの新機能として、「ワークスペース (Workspaces)」 と呼ばれる機能が追加されました。バージョン管理をより便利にする機能で、簡単に言ってしまえば Git などのバージョン管理システムでブランチを切るような感じで 1つのコンテナに対して異なる複数の変更を同時に進めていくことができます。

1人で小規模な Web サイトを管理している人にはそれ程大きな恩恵はないかもしれませんが、複数人で大規模な Web サイトへの JavaScript 配信をタグマネージャを利用して行っている方々には便利な機能だと思います。個人アカウントでは最大 3つまでワークスペースを作成できます。

Continue reading

将来 Firefox から 404 Not Found が消える? Test Pilot に 「No More 404s」 が追加

Firefox

Mozilla は 「Test Pilot」 と呼ばれる、Firefox の実験段階にある機能を事前に試したり、機能に対するフィードバックを送ることができるプログラムを提供しています。

その 「Test Pilot」 に新たに 「No More 404s」 と呼ばれる機能が追加されました。これは、ユーザーが訪れようとした Web ページが、404 Not Found だった場合、「Internet Archive (インターネット・アーカイブ)」 から該当する Web ページの過去バージョンを探してきて表示する機能です。

Continue reading

Amazon の電子書籍定額読み放題サービス 「Kindle Unlimited」 が日本でも提供開始したら 「HTML5 & CSS3/2.1 全事典」 も対象になっていた件

できるポケット HTML5 & CSS3/2.1 全事典

すでに各所で話題になっていますが、Amazon が提供する月額 980円の電子書籍定額制読み放題サービス 「Kindle Unlimited」 が日本でもスタートしました。

読み放題の対象になるのは 「12 万冊以上の本、コミック、雑誌および 120 万冊以上の洋書」 ということで、電子書籍読み放題系のサービスとしては後発ながらさすがは Amazon という品揃えがひとつの特徴といえます。

Continue reading

ゴールデンウィーク中ですが、各所から脆弱性情報が出ている件

日本ではゴールデンウィークの真っ只中ですが、4月末から5月頭にかけて、サーバ管理者にとっては重要な脆弱性情報(セキュリティ・アドバイザリー)がいくつか公開されています。

Apache Struts 以外は多くのサーバ環境で利用されていると思いますので、何らかの対応が必要かと思います。

日本語での情報。

Continue reading

Windows 10 への無償アップグレードは7月29日まで、それ以降は予定通り有償に

Microsoft は 去年 7月の Windows 10 一般公開時、1年間限定で、Windows 7、または Windows 8.1 を利用中のユーザーに対しては無償でのアップグレードを提供することをあわせて発表し、現在でも無償アップグレードが可能ですが、この期限を予定通り Windows 10 の発表から 1年後となる、2016年 7月 29日で終了することを正式に発表しました。

Continue reading

絵文字 「Fire」 (U+1F525) のスポンサーになりました

私、「🔥 (Fire)」 のスポンサーになりました。といっても意味不明な感じだと思いますけども......

ユニコードコンソーシアム (The Unicode Consortium)」 という Unicode (ユニコード) の開発や拡張、使用の推進を行う非営利団体があります。このユニコードコンソーシアムは 「Adopt a Character」 という 「文字の里親制度」 的な面白い制度を提供していて、要するにユニコードコンソーシアムに対する寄付なんですが、Unicode 内から 1文字を選んで里親、つまりスポンサーになることができます。

実は Dolpen 氏が書かれた下記の記事を拝見して、面白そうだったので私もスポンサー (Bronze) に申し込んでみたという経緯。

Continue reading

Web コンテンツアクセシビリティの JIS 規格が改訂、JIS X 8341-3:2016 として公示される

Web コンテンツのアクセシビリティに関する JIS 規格、「JIS X 8341-3 (高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)」 が改訂され、「JIS X 8341-3:2016」 として公示されました。

経済産業省サイトでも 3 月公示の JIS 規格として案内されています。改正の案内については同ページに掲載されている PDF 資料でも確認できます。

実際の JIS 規格をとりあえず閲覧したいという場合は、下記の日本工業標準調査会サイトで PDF による閲覧ができます。

Continue reading

glibc に脆弱性 CVE-2015-7547 が発見された件で glibc アップデートした

ちょうど 1年ほど前に GNU C Library (glibc) にリモートコードを実行される脆弱性、CVE-2015-0235 が発見され、ちょっとした騒ぎになりました (下記記事参照)。

CVE-2015-0235 は glibc の関数 gethostbyname() におけるバッファーオーバーフローの脆弱性 (そのため 「GHOST」 と命名された) でしたが、実際には攻撃手法が限られる点や、その時点で多くの OS がすでに gethostbyname() を使用しておらず (IPv6 に対応しないため)、getaddrinfo() を使用していることがほとんどだったため、glibc の普及状況からすれば影響は限定的でした。

ところが、今回はその getaddrinfo() にバッファーオーバーフローと任意のコードを実行させられる可能性がある脆弱性 CVE-2015-7547 が発見され、こちらは結構な大騒ぎになっております。

Continue reading

Chrome が SPDY のサポートを 5月15日にやめて HTTP/2 に完全移行するらしい

Google Chrome去年の 2月の時点ですでに 「2016年の早い時期には・・・」 と発表されていましたので (下記記事参考)、特に目新しいというか、急な発表ではないのですが、

Google Chrome における SPDY のサポート終了と HTTP/2 への移行に関して、2016年 5月 15日という具体的な日付を出して公式に発表しました。

Continue reading

フィッシングに引っかからないためにアドレスバーをみるクセをつけましょう

Amazon の偽サイトに誘導し、そこでアカウント情報を盗むという、所謂フィッシングサイトが話題になっています。フィッシングサイト自体は別に珍しくないと思いますが、今回のは日本の Amazon (amazon.co.jp) を騙っているということで、引っかかる人が多そうという予感はします。

Continue reading

Microsoft が Surface Pro、Surface Pro 2 等の電源コードを自主回収

Surface Pro、Surface Pro 2、あと一部の Surface Pro 3 に同梱されている AC 電源コード (電源アダプタ全体ではなくて、そのうちの電源コードだけです) について、「該当電源コードを何度も過度に折り曲げたり、きつく巻きつけたりすると、コードが破損する可能性がある」 として、無償交換 (自主的リコール) する旨が発表されました。

すでに交換プログラムは始まっていて、個人の場合は専用の申請フォームから申し込むことで新しい電源コードが、対象の Surfase Pro、1台につき 1本送られてくるそうです。

私も個人的に対象の Surfase Pro を 2台 (Surfase Pro 2、Surfase Pro 3) 所有しているのと、過去、この Blog でもレビュー記事を書いていたりすることもあって取り上げておきます。

Continue reading

サポートポリシー変更により、古い Internet Explorer (IE) のサポートが終了する件

Internet ExplorerMicrosoft が Internet Explorer (以下、IE) のサポートポリシー変更を公式に発表し、「古い IE のサポートは 2016年 1月 12日 (米国時間) まで」 としたのは、2014年の 8月 (下記リンク参照) でした。その時はまだ 1年半もあるじゃねーかと思ったものですが、早いものでその期日があと数日まで迫っています。

Microsoft 社のサイトには、下記の特設ページが用意され、そこで案内がされています。新しいサポートポリシーの適用は、米国時間の 1月12日ですので、日本でいうと 13日ということになりますが、どっちにしろあと数日しかありません。

Continue reading

Windows 版 1Password の保管庫形式を 「OPVault」 に変更する方法

1Passwordパスワード管理ソフトの 1Password ですが、Agile Keychain 形式で保存された一部のデータが、条件的にはかなり厳しいものの、漏洩する可能性があるってことで話題になっていました。

で、その問題が指摘された Agile Keychain 形式 (旧バージョンで使われていた形式) から、現行バージョンではデフォルトになっている OPVault 形式へと、保管庫の形式を変更する方法について解説された 「携帯総合研究所」 さんの記事が話題になっていたのですが、Mac 版の 1Password の件しか書かれていなかったので、Windows 版 (1Password 4 for Windows) について私が試した方法をメモがてらに書いておこうと思います。

Continue reading

Amazon のプライム会員限定セール Prime Day (プライムデー) のセール対象品とセール開始時間が一部公開

AmazonAmazon がこのあと数時間後 (7月15日 0:00 スタート) に開催するプライム会員限定のセール 「Prime Day (プライムデー)」。

電車の中吊りなんかでも宣伝されてたり、Amazon のサイトも数日前からプライムデー仕様になっているなど、かなり気合い入っている感じが見てとれますが、このプライムデーでセール対象になる商品の一部がセール開始時間とともに公開されていました。

Continue reading

事前予告されていた OpenSSL のアップデートが公開されたので OpenSSL 1.0.2d を入れた件

OpenSSL に関して、7月 9日に重要度 「高」 の脆弱性修正をリリースするよと事前に予告されていた件で、予告通り 9日 (米国時間) にこの脆弱性修正が適用されたバージョンのリリースが行われましたので、自分のサーバ環境にも適用しました。

Continue reading

Microsoft の新ブラウザ (Project Spartan) 開発に Adobe の Web Platform チームが参加

IE Blog で公開された記事によると、現在 Technical Preview が公開中で、今年の夏頃にはリリースされると言われている次期 Windows 「Windows 10 (コードネーム : Threshold)」 に搭載される新ブラウザ 「Project Spartan」 の開発で、Microsoft と Adobe が提携したとのこと。

個人的には結構気になる (ポジティブな意味で) 発表でしたので、ちょこっと触れてみたいと思います。

Continue reading

FREAK (Factoring attack on RSA-EXPORT Keys) 対策で Web サーバに行った SSLCipherSuite の設定例

先週話題になっていた、輸出グレードの RSA 暗号をサポートしていたことに起因する脆弱性 「FREAK」 に関連して、Apache + OpenSSL で運用しているサーバに対して SSLCipherSuite の設定を見直してみたので、その方法と具体的な設定についてまとめておきます。

まず、FREAK に関しての詳細な情報については下記のリンク先などをご覧ください。この記事では件の脆弱性に対応するため、Web サーバ側で行った設定変更についてのみ触れています。

Continue reading

Google が言う 「モバイルフレンドリー」 とは? モバイルフレンドリーテストツールで色々試してみた

先週ですが、Google が Official Google Webmaster Central Blog で、2015年 4月 21日 (米国時間) から、モバイル検索の順位決定時に、その Web サイトが 「モバイルフレンドリー」 かどうかを重要なシグナルとして利用すると発表しました。

上記記事内で 「この変更は世界的に検索結果に対して大きな影響を与える (This change will affect mobile searches in all languages worldwide and will have a significant impact in our search results)」 と言い切ってることもあって、その影響は大きいものと思われますし、これを受けてまたスマホ対応がどうこうと騒がしい感じになるんでしょうが、そもそも Google は何を根拠に 「モバイルフレンドリー」 かどうかを判断するの? ってところがちょっと気になったので、わかる範囲で調べてみました。

Continue reading

Google Japan 公式 Twitter、セキュリティ月間で問題を出すも、正解とは別のところで突っ込まれる

Twitterちょっと面白かったので。

Google セキュリティ月間っていうのをやってるんですね。その関係で、Google Japan さんの公式 Twitter アカウントがセキュリティに対する意識を高めてもらおうと問題をツイートしてたんですが、ちょっとしたミスで正解とは関係ないところをみんなから指摘されることに。

Continue reading

Chrome Canary に HTTP 接続を 「安全でない」 と表示するフラグが追加される

HTTPSGoogle の ‎Chromium Security‎ チームが、Chromium Projects サイト内で公開した文書、「Marking HTTP As Non-Secure」 内で、ユーザーエージェントは、HTTP 接続に対して 「安全でない」 と明確に表示することを提案した件、以前この Blog でも書きました

その件が、実際に Google Chrome の Canary ビルド (42.0.2292.0) で実装されたそうです。Google の Ilya Grigorik 氏が Google+ に投稿しています。

Continue reading

glibc に脆弱性 CVE-2015-0235 通称 「GHOST」 が発見される

GHOSTGNU C Library (glibc) にリモートコードを実行される脆弱性、CVE-2015-0235 が発見され、GetHost 関数によって引き起こされる脆弱性ということから 「GHOST」 と命名されたそうです。

Linux で標準 C ライブラリとして使われている glibc だけに影響範囲が広く、以前 OpenSSL に見つかった脆弱性 (Heartbleed Bug) と同様に、長いこと脆弱性が発見されないまま使われていたという点で騒ぎになりそう。

Continue reading

Windows 7 のメインストリームサポートが終了、延長サポート期間へ

数日前にも話題になっていましたが、本日 (米国時間の 2015年 1月 13日) で、Windows 7 がメインストリームサポート期間を終了し、延長サポート期間に入りました。

延長サポートの終了は、2020年 1月 14日が予定されていますので、あと 5年は一応使えますというところですが、特に企業などでは、徐々に新しい環境への移行準備を始めないといけない感じです。

Continue reading

Google、ブラウザは HTTP 接続に対して 「安全でない」 と表示するべきと提案

HTTPSGoogle の ‎Chromium Security‎ チームは、Chromium Projects サイト内で公開した 「Marking HTTP As Non-Secure」 と題された文書内で、ユーザーエージェント (UA / 要するにブラウザ) は、HTTP 接続に対して「安全でない」と明確に表示することを提案しています。

Continue reading

GIF に変わると噂の XNG という新しいアニメーション画像フォーマットを調べてみた

ネタにマジレスな感じもしないでもないですが、GNOME (X Window System 上で動作するデスクトップ環境) の開発者である Jasper St. Pierre 氏が、GIF に変わるという新しいアニメーションフォーマットを開発したとのことで話題になっていました。

彼自身の Blog でも書いているほか、日本語では GIGAZINE さんが取り上げていましたが、興味本位からちょっと中身を調べてみたので書いてみます。ついでに実際に XNG ファイルを作る方法にも簡単に触れています。

Continue reading

Twitpic を Twitter が救済、読み取り専用ながらユーザーデータは存続へ

Twitpicもう話が二転三転してよくわからない感じになっていますが、Twitpic 公式 Blog での発表によると、Twitter 社による Twitpic ドメイン、およびユーザーデータ買収により、Twitpic は読み取り専用ながらサイトを存続し、ユーザーが今まで投稿した写真や動画に関しては今後も閲覧可能なまま残ることになったそうです。

当初の予定では 10月 25日付けでサイトが閉鎖されることになっていましたが、その当日にギリギリの発表となりました。

Continue reading

Twitpic、やっぱりサービス終了のお知らせ

TwitpicTwitter 社との商標問題でサービスを終了すると急遽発表して話題になっていた Twitpic ですが、一旦は 「買収してもらえそうだからサービス続けるかも」 とサービスの存続に望みをつなぐ発表をしたものの、今から数時間前に公式 Blog を更新し、「やっぱりサービスの継続無理でした、10月 25日にサービス終了します」 と発表しています。

Continue reading

Facebook の言語設定に 「日本語(関西)」 が追加されて 「いいね」 が 「ええやん」 に

FacebookFacebook にログインしたら、Facebook の言語設定に 「日本語(関西)」 が追加されたっていう案内が...... 試しに変えてみたらいろんなところが関西弁になりました。

英語の言語設定などには、English(US)、English(Pirate)、English (Upside Down) みたいな標準英語以外に設定が選べたりする機能がありましたが、これの日本語版みたいな感じですかね。なので一時的なものではなく、今後増える可能性もあります。いろんな地域の言葉が選べれば、Facebook にログインしたときに懐かしい地元の雰囲気に浸れるかも。

Continue reading

ビル・ゲイツ氏が 「マイクロソフトは破綻まで18ヶ月」 と発言したとか言われている件について

つい先日ですが、ビル・ゲイツ氏が 「マイクロソフトは破綻まで 18ヶ月」 と発言したという内容の記事が話題になっていて、その記事では、あたかもビル・ゲイツ氏が最近のマイクロソフトについて危機的な状況だと認識していると思われるような書き方がされてたんですが、ソースについての記述が該当記事内にはなく、またビル・ゲイツ氏ほどの大物が発言した割には他のニュースサイト等で全く取り上げられていなかったので、気になって調べてみました。

Continue reading

Happy birthday W3C - World Wide Web Consortium が設立から 20周年

W3C 20周年World Wide Web Consortium (W3C) が 1994年 10月 1日の設立から今日でちょうど 20周年だそうで。

Twitter や Facebook にはハッシュタグも用意され、多くのお祝いメッセージが寄せられています。

また、10月 29日には W3C の 20周年を記念したシンポジウムが、アメリカ カリフォルニア州のサンタクララで開催されます。その様子はライブストリーミングでも中継されるとのこと。

Continue reading

Bash の脆弱性が騒ぎになっていたのでアップデートした件

シェルスクリプトで書かれた CGI やシェル経由で外部コマンドを呼び出すようなコードを外部からアクセス可能なサーバに置いている場合には大変なことになりそうな Bash の脆弱性 (Shellshock って呼ばれてるみたいですね) が今朝から話題になっていました。

Continue reading

Twitpic がサービス継続? 公式 Twitter で発表

TwitpicTwitter 社との商標問題でサービスを終了すると急遽発表して話題になっていた Twitpic ですが、今から数時間前に公式 Twitter でサービスの継続が可能になったと発表しています。

また、詳細の発表はされていませんが、ツイートの内容からは、買収先企業が決まったためという旨、書かれています。(追記あり

Continue reading

Gmail のログイン情報約 500 万件流出騒動で掲載されたアカウントのうち有効だったものは 2% 未満

Google日本だと今日の朝方にニュースなどで取り上げられて話題になっていましたが、約 500万件にもおよぶ Gmail のメールアドレスとパスワードの組み合わせがロシア語の Bitcoin セキュリティフォーラムに掲載された件で、Google Online Security Blog に公式見解が掲載されました。

これによると、まず本件は Google からの情報漏洩ではないということ。さらに掲載された情報のうち、実際に有効だったアカウントは全体の 2% 未満 (とはいっても 500万件の 2% なので 10万件弱) であり、Google の不正使用防止機能によってほとんどの不正アクセスは防止されたであろうこと、さらに流出したアカウントに対してはパスワードのリセットをユーザーに通知し、保護したとアナウンスされています。

Continue reading

Twitpic がサービス終了とのことなのでアップロードした画像をすべて救出してみた

TwitpicTwitter が自前で画像のアップロード機能を持つ前から、ツイートに画像を投稿 (添付) するサービスとして長く運営されてきた Twitpic が Twitter 社との商標問題でサービスを終了すると急遽発表して話題になっています。

その辺の詳しい話は下記の公式 Blog やニュース記事を見てもらえればよいと思いますが、私も Twitter が正式に画像のアップロードに対応した後は使っていなかったものの、過去、結構な数の画像を Twitpic には上げていたので、念のためそれらすべてを手元にダウンロードしておくことにしました。

Continue reading

Gmail のエイリアスは個人情報漏洩対策にならないからやめとけっていう話

Gmailまともな知識を持っている人にはそりゃそうだで終わる話ですが、いまさら Gmail のエイリアスを持ち出して、設定しておくと個人情報が漏れたときに流出元がわかるからやっておきましょうみたいな記事が話題になっているのが目に付いたので書いておきます。

これ、全くとは言わないまでもほぼ意味ないですし、本当にサービスによってアドレスを使い分けたい、漏れた時は確実にわかるようにしたいってことであれば Gmail 以外のメールサービスのエイリアスの方が優れていたり、他にも色々と方法がありますので、そこについて簡単に触れてみようと思います。

Continue reading

Facebook がダウンして、いいねボタンなどを設置している Web サイトも巻き込まれる

FacebookFacebook が珍しく全面的にダウンしているようで、まぁ Facebook にログインできないだけなら別にいいんですが、おかげさまで Facebook の いいね (Like) ボタンなどを設置している Web サイトも巻き添え食らうことになりました。

Down Detector で見る限り、日本時間だと 17時ちょうどくらいから落ちてるみたいですね。この記事を書いている時点で 20分以上接続できない状態でした。今は復旧したみたい (17時 27分現在)。

Continue reading

TweetDeck に XSS の脆弱性。意図せぬリツイートが実行される

TweetDeckTweetDeck でクロスサイトスクリプティング (XSS) を狙った投稿が広まったようで、先ほどたまたま起きて TweetDeck 見てたら、自分の環境でもいきなり Chrome が XSS の警告を出して、気がつけば特定の投稿が勝手にリツイートされてるっていう・・・・・・

TweetDeck で閲覧している場合、該当の投稿がタイムラインに表示されるだけで自動的にリツイートがされてしまうようで、防ぐ手立てなしでした。

Continue reading

iOS で添付ファイルが暗号化されていないからメールが危険とか言われている件について

セキュリティ研究者の Andreas Kurtz 氏が、自身の Blog で iOS 7.0.4 以降に存在する 「メールの添付ファイルが暗号化されていない」 という問題について発表した件を取り上げた記事を目にしたのですが、ちょっと論点ずれているっぽかったので書いてみます。

この問題について取り上げた記事ってのは下記など。どちらも日本語での記事参照元としては 「気になる、記になる...」 さんになってるんですかね。

Continue reading

Twitter の新 UI がきたので試してみた。ヘッダ画像は 1500px × 500px、ツイートのピン留めも可能に

Twitter先日発表されて、各ユーザーに順次適用拡大していっていた Twitter Web 版の新しいデザインですが、自分のところにも適用されたので早速設定をしてみました。

下記の公式 Blog でも書かれていますが、ヘッダ画像のサイズが大きく変更されたり、ツイートの固定 (英語表記では Pin となっています) などもできるようになっています。

Continue reading

OpenSSL の脆弱性 (Heartbleed Bug) に関する Q&A

OpenSSL - Heartbleed BugOpenSSL に脆弱性が見つかった件で、この脆弱性に関する詳細を解説するサイト (heartbleed.com) をセキュリティ企業の Codenomicon 社が公開しています。

そこで、同サイトに掲載された Q&A の中から特に重要そうな部分を簡単に抜粋して翻訳してみました。あと、文末で OpenSSL のバージョン確認とアップデート方法についても簡単に解説しています。

Continue reading

Twitter が 8周年、いろんな人の 「初ツイート」 を確認できるツールを公開

TwitterTwitter の共同創業者として知られる、ジャック・ドーシー (Jack Dorsey) 氏が初ツイートを投稿した 2006年 3月 21日が Twitter 創業の日とされているそうですが、そこから数えて今日が 8回目の誕生日。

それを記念して、Twitter ユーザーの初ツイートを簡単に調べることができるツールを Twitter が公開しています。ユーザー名を入れるだけで最初のツイートが表示され、ハッシュタグ、#FirstTweet でシェアすることもできます。

Continue reading

ティム・バーナーズ=リー氏が Reddit AMA にご降臨、WWW について質問に答える

RedditReddit AMA (Ask Me Anything) にティム・バーナーズ=リー氏 (Sir Timothy John Berners-Lee) が登場、「これから飛行機に乗るから時間がないわー」 とおっしゃりつつも、集まったコメントに対して回答をしています。

Reddit AMA はソーシャルブックマークサービスの Reddit が提供する掲示板的な機能で、自由にトピックを立てて、そこでコメントし合う的な使い方ができるものです。今回の件、日本でよくあるやつだと、2ch の 「○○だけど質問ある?」 に近いかもですね。

Continue reading

Happy Birthday World Wide Web - WWW が考案から 25周年

みんな大好き、WWW (World Wide Web) がこの 3月で誕生から 25周年を迎えました。2009年にも 20周年記念で同じようなこと書いていますが、そこからさらに 5年たちました。

当時 CERN (欧州原子核研究機構) に所属していたティム・バーナーズ=リー氏 (Sir Timothy John Berners-Lee) が 「Information Management: A Proposal」 というレポート (これが後に 「WorldWideWeb: Proposal for a HyperText Project」 へと発展) を発表したのが 1989年の 3月。その時を WWW の誕生として、そこから今年で 25周年ということです。

Continue reading

世界各国の地図がベクターデータでダウンロードできる 「Free Vector Maps」

Free Vector Mapsすでに他でも紹介されているかもしれませんが、ちょっと便利だったので紹介。

「Free Vector Maps」 は、世界各国の地図を、ベクター形式のデータ (ダウンロードデータには .ai, .esp, .jpg, .pdf, .png が含まれています) でダウンロードできるサイト。提供されるデータは、基本的に無料で、個人 / 商用利用を問わず利用できます。

Continue reading

Dropbox の障害について公式 Blog が説明、ユーザーデータには影響なし

Dropbox現地時間の 1月 10日 夜 (日本時間だと 1月 11日のお昼ごろ) ~ 1月 12日の夕方にかけて発生していた Dropbox の大規模障害ですが、公式 Blog (Dropbox Tech Blog) にて、今回の障害に関する詳細がアップされ、サービスの復旧と、ユーザーデータに関しては影響がなかったことが報告されました。

Continue reading

Google Glass 日本上陸とか言われていますが大丈夫なんですかね

Twitter 見てたらこの話題だらけになってたんですが、とある会社さんが Google Glass の並行輸入販売を始めますってことで、日本でもついに Google Glass が買える的な盛り上がりになっているようです。一部ネットニュースなどでも取り上げられていますね。下記とか。

Continue reading

今年も Web 関連の良記事がそろう Advent Calendar 2013

Adventarアドベントカレンダー (Advent Calendar) ってのは、元々クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダーですが、ある話題だけで 25日間記事を書いていこうぜっていう Web 版アドベントカレンダーが、今年も Adventar で多数立ち上がり、多くの人が記事を書いています。

Continue reading

Instagram の写真で個展を開いて注目を浴びる天才写真家... の気分を味わえる Red Bull #THESHOW

Red Bull #THESHOWRed Bull さんがちょっと面白いサービスを期間限定でリリースしました。

自分の Instagram アカウントでログインすると、Instagram で公開している写真を使って、「新進気鋭の天才写真家が個展を開催し、ものすごい注目を集めています」 的な 90秒のショートムービーを作ってくれる、その名も 「Red Bull #THESHOW」。

と、文章で説明してもわかりにくいと思いますので、下記のリンクから試してみてください。Instagram をすでに使っている人なら Instagram アカウントでログインするだけです。

Continue reading

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー