WWW Watch

Firefox 22 が正式リリース CSS Flexible Box の有効化、data、time 要素のサポートなど

Firefox 22 が正式にリリースされ、HTML5 関連では、data 要素、time 要素への対応、CSS3 では Flexible Box の有効化などが行われました。

Firefox6月 25日、日本だと同日深夜ですが、Firefox の最新版、Firefox 22 が正式リリースされました。さっき自動更新の方もきたので紹介。

仕様変更で色々あった CSS Flexible Box は、Firefox 18 からデフォルト無効なものの実装はされていましたが、今回の Firefox 22 からデフォルトで有効化されました。

HTML5 関連では、data 要素、time 要素への対応、input 要素の、type="range" のサポート。JavaScript 関連で、新 JavaScript エンジン 「OdinMonkey」 による JavaScript の高速化、asm.js、ES6 の Arrow Function 構文を実装、また WebRTC もサポートするなど、多くの変更が行われています。

Firefox 22

WebRTC とかは、過去にこの Blog でも書いたのでそっちを紹介。あと、Firefox 22 で予定されていた、サードパーティ Cookie のデフォルトブロックに関しても、先日書いたように影響が大きいことから少し猶予期間を作るため、延期されています。

関連して次の Firefox 23 での変更点のうち、この Blog で取り上げたものを下記に。

ということで、Firefox 22 の正式リリースに伴い、Firefox 23 が Beta Channel に、Firefox 24 が Aurora Channel に、Nightly が Firefox 25 へとそれぞれ移行しています。

2013年 7月 12日追記
CSS Flexible Box について、最新の仕様に基づいた記事を書きました。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー