WWW Watch

Twitter が開発者向けガイドラインを更新、一括 / 自動フォローの禁止など

Twitter の開発者向けガイドラインが更新され、一部の要件が緩和された他、自動フォローや一括フォローの禁止などが盛り込まれました。

Twitter米国時間の日付け的には昨日になりますが、Twitter の開発者向け Blog (Twitter Developers) で、開発者向けガイドラインを更新したよというお知らせが上がっていました。

Twitter API を利用した Web サービスや アプリケーションの開発に関して、タイムスタンプやパーマリンク周りで一部の要件が緩和されたり、自動フォロー、一括フォローの禁止などが盛り込まれています。

Today we are publishing some changes for our Developer Rules of the Road and Developer Display Requirements. The main goal behind these changes is to better clarify our guidelines for using our API and other platform tools, based on your feedback and comments.

Developer guidelines updates : Twitter Developers から引用

更新されたのは、下記の 3つのドキュメントとのこと。

開発者向け Blog では大まかにこんなところが変わったよという感じで触れられていますが、

For example: we relaxed some display requirements around author's name, timestamps and permalinks; we clarified that the "no commingling" term doesn't apply to manually curated streams; and, we now require developers to disclose their privacy policies before people download, install or sign up for a service. We have also clarified some restrictions: hosting datasets of raw Tweets for download is prohibited, and automated following or bulk following is also prohibited.

Developer guidelines updates : Twitter Developers から引用

例えば発信者の名前表示、タイムスタンプ、パーマリンク関連で要件が緩和されたり、Twitter API によって開発されたアプリケーションをダウンロード、インストールしたり、サービスにログインする前に、開発者はプライバシーポリシーをユーザーにきちんと開示することが求められています。

また、Tweet データをダウンロードして自前でホストしたりする利用方法や、自動フォロー、一括フォローは禁止されました。

「API Terms of Service」 と 「Developer Display Requirements」 に関しては実際に変更された箇所が下記で確認できますので詳しくは原文を。

API Terms of Service の変更点

「API Terms of Service」 の変更点としては、「3. Respect user privacy」 の部分に、項目 「G」 が追加されています。

下記のような内容ですね。

As a reminder, Twitter's services are not directed to persons under 13. If you operate a commercial website or online service that is targeted to children, you must opt out of tailoring Twitter in any Twitter for Websites button, embedded Tweet, or embedded timeline on your website or service. You must set the opt-out parameter to be true, for example, as provided in the Tweet button documentation here.

Developer Rules of the Road : Twitter Developers から引用

13歳未満が利用するサービスを運用する場合、埋め込みツイートや、Twitter ボタンなどはオプトアウト版を使う必要があります。具体的には、Twitter ボタンや、埋め込みツイートのソースコードに、 data-dnt="true" を付与します。

Developer Display Requirements の変更点

「Developer Display Requirements」 の変更点は広範囲ですが、「Individual Tweet -> 1. Tweet Author」 の部分で、今まではアバター (ユーザーのアイコンですね) の表示が必須だったのが、名前とユーザー名 (必ず @ に続けて表示) とアバターの表示が必須に変更されました。これによって環境によってアバターの表示ができない場合はアバターがなくても一応 OK ってことに。

あと、「Individual Tweet -> 4. Tweet Timestamp」 の部分で、今までは日時を必ず表示となっていたのが、日付けか時間を表示という感じに少し要件がゆるくなってます。

パーマリンク周りってことでは、1つ前まであった 「Timelines -> 4. Tweet Permalink」 が丸々削除されています。元々は下記のように、

  1. The Tweet timestamp must always be linked to the Tweet permalink.
  2. For applications on mobile platforms, you may choose to link the entire Tweet area to the Tweet permalink.

タイムスタンプから元の Tweet にリンクを必ず張ること。となっていたので、それが必須ではなくなったということです。

自動フォローなどの禁止が明文化

自動フォローなどがダメですよっていうののソースは、「Automation rules and best practices」 内の 「Automated Following and Un-Following」 の項目に書かれています。

You may not use or develop any service that allows for the following or unfollowing of user accounts in a bulk or automated manner. Accounts and applications that engage in this practice will be suspended. Please review our Follow Rules and Best Practices for a detailed discussion of following recommendations.

Automation rules and best practices : Twitter Help Center から引用

自動、または一括でユーザーをフォローしたりアンフォローしたりする仕組みを作りたいかもしれないけど、それはダメだ。諦めろ。というお達しでございます。

ということで、開発者の皆さんはちょっと注意が必要かもしれません。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー