WWW Watch

Google Search Console に AMP の項目が追加される

Google Search Console (サーチコンソール) に新たに 「Accelerated Mobile Pages (AMP)」 の項目が追加され、AMP のインデックス状況やエラーレポートを確認することができるようになりました。

ちょっと前の話なんですけどね。Google Search Console (サーチコンソール、元々はウェブマスターツールって呼ばれてたあれです) に新たに 「Accelerated Mobile Pages (AMP)」 の項目が追加され、インデックス状況やエラーレポートを確認することができるようになりました。

AMP について、および実際に AMP を出力する方法については下記の記事を少し前に書いていますので参考まで。

Search Console に登録されている各 Web サイトのダッシュボードに入ると、メニュー内の 「検索での見え方」 項目内に 「Accelerated Mobile Pages」 の項目が表示されていると思います。

Google Search Console に AMP の項目が追加された例

Web サイト上で AMP が見つかると、自動的にここにレポートが表示されます。インデックス状況や、AMP にエラーがある場合は、そのエラーレポートを確認することができます。

ちなみに Web サイトで AMP を出力していない場合は、恐らく下記のような表示が出ると思います。

AMP ページが存在しない場合の Google Search Console での表示例

上の例で、エラーが数件あることが表示からわかると思いますが、これは AMP に含まれていた blockquote 要素に cite 属性があったことと、iframe 要素 (AMP 上では amp-iframe 要素に変換済み) に allowfullscreen 属性が付いていて、それらが駄目って言われたからです。

具体的なエラーレポートを開くと、どこがおかしいのかを教えてくれます。

AMP ページにエラーが存在する場合のエラーレポート表示例

ただ、AMP のバリデーションを開発ツールで行った限りでは、cite 属性も allowfullscreen 属性も特にエラーが出ず、実際にインデックスされると Google さんからは怒られるっていう罠。まぁいいんですけども。

ということで、実際の AMP 上ではすでにエラーは修正されていますが、実際に再インデックスされてからエラーレポートにも反映という感じでかなりタイムラグがあります。ですので、エラーレポートが表示されて、実際には直したのに・・・・・・ なんて場合は焦らずしばらく待っていれば徐々に消えていくと思います。

関連エントリー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る

Hot Entry

逆引きおすすめエントリー